ニュース◎ゾフルーザ投与例から感染伝播した可能性も

未投与の患者からゾフルーザ耐性ウイルスが検出

(03/13)

 国立感染症研究所は3月12日、新規抗インフルエンザ薬であるバロキサビル(商品名ゾフルーザ)の耐性ウイルスが、同薬未投与の3人の患者から検出されたことを公表した。未投与例からの検出は初めてで、いずれもゾフルーザ投与例から感染伝播した可能性が示唆されている。[全文]

 インフルエンザ予防接種により、心不全患者の総死亡や心血管死が減少するのかを検証するため、デンマークで13万人規模の大規模コホート研究が行われ、接種により転帰が改善する可能性が示唆された。結果はCirculation誌1月29日号に掲載された。[全文]

定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行

インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り

(12/07)

 各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)によると、12月2日までの1週間(第48週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は4599人となり、定点当たりで0.93人と流行の目安となる1人に迫った。薬局サーベイランスなどの先行指標は12月3日以降も患者数が増えてることから、今週中にも全国的に流行期入りとなりそうだ。[全文]

寄稿◎2018-19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》

大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略

(12/03)

 今冬はオセルタミビルを取り巻く環境変化や、3月に発売された新薬バロキサビルにより、治療戦略が大きく変わる。抗インフルエンザ薬の使い分けなどを紹介する。[全文]

寄稿◎2018-19シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》

インフルエンザ、昨シーズンB型大流行のワケ

(12/01)

 インフルエンザの昨シーズンは、B型の大流行や、シーズン途中でA亜型の流行が変化するなど、予想外の展開を見せた。[全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正