インフルエンザ予防接種により、心不全患者の総死亡や心血管死が減少するのかを検証するため、デンマークで13万人規模の大規模コホート研究が行われ、接種により転帰が改善する可能性が示唆された。結果はCirculation誌1月29日号に掲載された。[全文]

定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行

インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り

(12/07)

 各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)によると、12月2日までの1週間(第48週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は4599人となり、定点当たりで0.93人と流行の目安となる1人に迫った。薬局サーベイランスなどの先行指標は12月3日以降も患者数が増えてることから、今週中にも全国的に流行期入りとなりそうだ。[全文]

寄稿◎2018-19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》

大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略

(12/03)

 今冬はオセルタミビルを取り巻く環境変化や、3月に発売された新薬バロキサビルにより、治療戦略が大きく変わる。抗インフルエンザ薬の使い分けなどを紹介する。[全文]

寄稿◎2018-19シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》

インフルエンザ、昨シーズンB型大流行のワケ

(12/01)

 インフルエンザの昨シーズンは、B型の大流行や、シーズン途中でA亜型の流行が変化するなど、予想外の展開を見せた。[全文]

リポート◎日本感染症学会インフルエンザ委員会が提言

新薬ゾフルーザの利点と残された懸念

(11/08)

 新たな抗インフルエンザ薬のゾフルーザ。1回の内服で治療が完結する利便性の高さとアドヒアランスに優れる点が最大の利点だ。一方、アミノ酸変異株の出現という課題があり、治療における位置付けは定まっていない。[全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン6】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:18
  2. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1816
  3. 若い女性の膀胱炎の診断に尿検査は必須? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:50
  4. 79 歳女性。体幹・四肢の環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:1
  5. 「無給医」は法律上、あり得ないのか 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:42
  6. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  7. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:333
  8. 寄り添う看護 病院珍百景 FBシェア数:59
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1352
  10. 医療需要の急減に備え、データに基づく経営判断を 日本病院会副会長・大道道大氏に聞く FBシェア数:19
医師と医学研究者におすすめの英文校正