ピックアップ

10歳代と40歳代の死亡例も、報告時死亡は6例に

インフルエンザ脳症、新たに44例、累計で119例

 インフルエンザ脳症の報告例が、さらに増加した。国立感染症研究所のインフルエンザ脳症サーベイランスによると、第4週だけで44例が確認された。新たに10歳代と40歳代の死亡例も報告されており、これで今シーズンの患者数は119例、報告時死亡は6例となった。死亡例の割合は全体で5.0%、10歳代では11.8%と高くなっている。[全文]

インフルエンザ流行マップ

毎日更新中です。都道府県別の有志医師
1人当たりの報告件数(人)による色分けです。

 データの詳細はこちら

データ協力

MLインフルエンザ流行前線情報DB

画像制作協力

青木繁伸氏(群馬大学社会情報学部)

MLインフルエンザ流行前線情報DB

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正