日経メディカルのロゴ画像

増量による心不全の改善効果がロサルタンで確認された

増量による心不全の改善効果がロサルタンで確認された

北海道大学大学院医学系研究科循環病態内科学 教授 筒井裕之氏

 心不全の患者さんに対して、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を使う場合、できるだけ高用量を目指して増量していく方が改善効果は大きい。多くの試験で指摘されていることが、今回、ロサルタンについても確かめられた。これがHEAAL試験の最も大きな成果だろう。