このページの本文へ


軽症心不全患者に対するエプレレノン投与は心血管死や心不全による入院を抑制

 国内外の慢性心不全ガイドラインでは、RA系阻害薬やループ利尿薬、β遮断薬が投与されている心不全患者に対して抗アルドステロン薬の追加投与が推奨されているが、これは重症患者のみを対象としている。

EMPHASIS-HF Study ──試験デザイン

軽症心不全例に対する抗アルドステロン薬エプレレノン上乗せ効果を評価

 日本循環器学会が示している「慢性心不全治療ガイドライン」では、経口心不全治療薬の選択は、全ての患者に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、有症状患者に対するβ遮断薬、うっ血症状がある患者に対するループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬が推奨されている。


ログインしていません

治療薬インデックス

アクセスランキングmore

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる?
  2. 学会はスーツで行くべきなのか
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは?
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで)
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向!
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは