• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Insight pad
ピックアップ
 静脈血栓塞栓症(VTE)は、周術期患者や妊産婦ばかりに起こるわけではない。内科や精神科でも少なくない。特に、脳卒中急性期、重症心不全などの患者、精神科で身体拘束処置、向精神病薬投与などを受けている患者はリスクが高い。三重大学大学院循環器・腎臓内科学講師の山田典一氏は、第8回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(2月22日、開催地:東京)で、「内科・精神科領域の入院患者に対しても、リスク評価を行ったうえで、リスクの高い症例に対しては一次予防が必要だ」と指摘した。ただし、他領域に比べ、研究は遅れているとし、わが国の疫学データや予防策の適応、有効性に関するエビデンス蓄積の必要性を訴えた。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:215
  2. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:40
  3. バス運転手の頭部MRI義務化って意味ある? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  4. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:104
  5. 医者がアスリートになる時代! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:12
  6. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:27
  7. 循環器医に求められる症状緩和と意思決定支援 シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《2》 FBシェア数:65
  8. 喘息様患者や急性弛緩性麻痺患者からEV-D68 東京と広島から検出の報告相次ぐ FBシェア数:5
  9. 職員がタブレット端末を破損、弁償させられる? 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:26
  10. 心不全緩和ケアは普及期に入りました シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》 FBシェア数:261
医師と医学研究者におすすめの英文校正