• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
ピックアップ
 静脈血栓塞栓症(VTE)は、周術期患者や妊産婦ばかりに起こるわけではない。内科や精神科でも少なくない。特に、脳卒中急性期、重症心不全などの患者、精神科で身体拘束処置、向精神病薬投与などを受けている患者はリスクが高い。三重大学大学院循環器・腎臓内科学講師の山田典一氏は、第8回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(2月22日、開催地:東京)で、「内科・精神科領域の入院患者に対しても、リスク評価を行ったうえで、リスクの高い症例に対しては一次予防が必要だ」と指摘した。ただし、他領域に比べ、研究は遅れているとし、わが国の疫学データや予防策の適応、有効性に関するエビデンス蓄積の必要性を訴えた。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
  2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
  3. 81歳女性。フェニトイン服用中の転倒 日経メディクイズ●脳神経内科
  4. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  5. 瞬間的心電図判読方法の良書 医学書ソムリエ
  6. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  7. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  8. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  10. TAVIやAVRを受けた後は心房細動発症率が高い JAMA Intern Med誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正