• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
News Report
 症候性心房細動(AF)患者に対するカテーテルアブレーション治療は薬物治療に比べ、患者QOLに関して臨床的に意味のある有意な改善が得られるという。CABANA試験のQOL解析の結果で、JAMA誌4月2日号に掲載された。(記事全文を読む)

 5月10日付で、共同通信が次のようなニュースを発信していました。(記事全文を読む)

 朝食を抜くことが、心血管死や総死亡のリスク上昇と関連するかが米国の前向きコホート研究で検討された。(記事全文を読む)

 比較的健康な女性に発生する急性心筋梗塞(MI)に背景にあることが明らかになってきた特発性冠動脈解離(SCAD)。(記事全文を読む)

薬歴への記載義務がないからか、起床時刻、食事の回数や時刻、就寝時刻など患者の生活リズムの情報が詳細に聴取できていないことが多いのではないでしょうか。生活リズムは個人的な事柄なので、不要であれば聞く必要はありませんが、時には服薬と食事のタイミングとその内容が重要な意味を持つことがあります。これは多くの若手薬剤師の盲点にもなっていることです。今回はニフェジピンCR(商品名アダラートCR他)を例に挙げたいと思います。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  2. 4通りのeGFR計算式の精度を検証する JAMA Intern Med誌から
  3. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  4. 手指、足関節、橈骨遠位端の骨折はどう固定? AntaaQAピックアップ
  5. 顕在化する在宅の暴力・ハラスメント 記者の眼
  6. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 日本プライマリ・ケア連合学会が総合医育成プログラ… 学会トピック◎第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  8. リラックスを誘う「幸せ吐息」をマスターしよう 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  9. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  10. 口唇創の縫合、細い糸で密に?太い糸で寄せる? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正