• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 国際脳卒中学会(ISC2012)が、2012年2月に米ニューオーリンズで開催され、血管内治療と内科療法の両面から、注目される報告が行われた。それらを日本人の脳卒中治療に、どう活かしていくべきか、学会に参加された専門家の方々にお集まりいただき、討議していただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 日本人の脳梗塞患者を対象に、シロスタゾールとアスピリンを比較したCSPS II(Cilostazol Stroke Prevention Study II)の結果が、2010年2月に米国で開催された国際脳卒中学会(ISC2010)で発表された。脳卒中と出血性イベントの発症に関して、シロスタゾール群で有意なリスクの減少がみられたため、CSPS IIの成績は今後の脳卒中治療に大きな影響をおよぼすと考えられる。そこで、脳卒中治療のスペシャリストにお集まりいただき、CSPS IIの成績とそのサブ解析の結果について、ご討論いただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

CSPS IIの試験結果を受けて、今後の抗血小板療法のあり方が注目されている。そこで、リスクとベネフィットを考慮した抗血小板療法の実際について、東海大学医学部循環器内科教授の後藤信哉氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 現在、脳卒中治療に関する抗血小板療法において、出血性合併症を抑制することの重要性が問われている。そこで、ベネフィットとリスクを考慮した抗血小板療法の実際について、富山大学附属病院神経内科教授の田中耕太郎氏にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳梗塞再発抑制には抗血小板薬が汎用されている。しかし、抗血小板薬には出血性合併症といった副作用が存在するため、患者の病態を把握した上で慎重に投与する必要がある。そこで、リスクとベネフィットを考慮した脳梗塞再発抑制の治療戦略について、国立循環器病研究センターの豊田一則氏にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正