• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 脳卒中治療の最新の研究成果を報告し、意見を交わす国際脳卒中会議、ISC2013(International Stroke Conference 2013)が、2013年2月6~8日、ハワイのホノルルで開催された。わが国からも多くの脳卒中医が参加し、研究成果を報告した。ここでは注目されるCATHARSIS、IDEALCAST、RESCUE-Japan Registryの3研究について演者の先生方にお集まりいただき、報告内容をご紹介いただくとともに意見を交換していただいた。さらに、海外の大規模臨床試験の結果についても紹介していただいた(日経メディカル別冊編集)。(記事全文を読む)

 脳梗塞の急性期・慢性期それぞれで様々な治療アプローチが模索されている。ここでは、頭蓋内および頭蓋外動脈狭窄症に対する治療を中心に、脳梗塞の新しい治療の展開と今後の課題について、3人の脳神経外科専門医に話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳梗塞の再発予防では抗血栓治療の有効性が認められているが、最近の研究は脳梗塞の各病型に適した治療薬を探索する方向に進んでいる。一般に心原性脳塞栓に対しては抗凝固薬、非心原性脳塞栓に対しては抗血小板薬が適応とされているが、アテローム血栓性脳梗塞とラクナ梗塞のそれぞれに対して、どのような抗血小板薬を使用すべきかについては、まだ明確な結論は得られていない。なかでも日本で発症率の高いラクナ梗塞は、易出血性、多発性であり、認知機能を低下させやすいことが指摘されており、有効な対策が求められている。そこで、北米と日本における脳梗塞研究のエキスパートに、脳梗塞の現状と対策を、ラクナ梗塞を中心に討論していただ(記事全文を読む)

 頸動脈狭窄症の治療において、頸動脈ステント留置術(CAS ;carotid artery stenting) と頸動脈内膜剥離術(CEA;carotid endarterectomy)を比較した北米の大規模臨床試験CREST (Carotid Revascularization Endarterectomy vs Stenting Trial) の層別解析の結果が、2011年2月に米国・ロサンゼルスで開催された国際脳卒中会議2011(ISC2011)で報告された。この結果は、わが国の頸動脈狭窄症治療に対して、どのような意味をもつのか。ISC2011終了後に、脳卒中の内科治療を専門とする峰松一夫氏と脳血管内治療を専門とする坂井信幸氏に話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 脳卒中慢性期の治療においては、再発予防とともに誤嚥性肺炎の予防も非常に重要な課題である。誤嚥性肺炎は、脳卒中後の日常生活に支障をきたし、予後悪化要因の1つでもある。そこで本座談会では、誤嚥性肺炎の予防を積極的に行っている専門医にお集まりいただき、脳梗塞慢性期における誤嚥性肺炎の疫学と予防の実際についてお話をうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

バックナンバー

2010年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2008年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 不明熱でPSL20mg開始後、急に両脚が脱力! AntaaQAピックアップ
  3. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  4. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  5. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
  6. 40歳代男性。長引く咳 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  7. 降圧治療の対象者はどんな方法で選ぶべきか? Lancet誌から
  8. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
  9. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  10. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
医師と医学研究者におすすめの英文校正