• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 ヒトレラキシン2の遺伝子組み換え型蛋白質「serelaxin」を急性心不全患者に投与したところ、退院後180日間の死亡が有意に減少した。これは、欧米数カ国の研究者らが行った二重盲検、プロスペクティブ、多施設無作為化プラセボ対照試験「RELAX-AHF試験」の結果であり、J Am Coll Cardiol誌10月号に掲載された。(記事全文を読む)

 ADVANCE(Action in Diabetes and Vascular Disease: Preterax and Diamicron Modified Release Controlled Evaluation)試験の追跡研究であるADVANCE-ON試験の結果が9月19日にN Engl J Med誌に掲載された。(記事全文を読む)

 アンジオテンシン受容体阻害とネプリライシン阻害薬の2つの作用からなる新規薬剤LCZ696は、駆出率の低下した心不全患者の死亡と心不全による入院リスクの低減において、 ACE阻害薬エナラプリルよりも優れていた。この結果は、N Eng J Med誌9月11日号に掲載された。(記事全文を読む)

 心血管リスクの高い高齢集団において、血清カルシウム値の上昇と2型糖尿病の発症リスクに関連が見られることが、スペインで実施されたPREDIMED試験の患者のデータを用いたプロスペクティブ研究で明らかにされた。この結果は、Diabetes Care誌8月19日号オンライン版に掲載された。(記事全文を読む)

 置換術で留置した大動脈生体弁の機能不全に対する低侵襲治療としてTAVVI(経カテーテル大動脈バルブ・イン・バルブ植え込み術)が施行されている。今回初めて包括的に1年全生存率を調査したところ、83.2%だった。1年以内の死亡と関連する因子は小径の生体弁、TAVVI前の弁狭窄であることも判明した。この結果は、JAMA誌7月9日号に掲載された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  4. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  5. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
  6. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 40歳代男性。長引く咳 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  8. SLE、CKD、肥満症に新ガイドライン 出るのは… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  9. クリニックで院長秘書を雇ってみませんか? 診療所マネジメント実践記
  10. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
医師と医学研究者におすすめの英文校正