• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 ヒトレラキシン2の遺伝子組み換え型蛋白質「serelaxin」を急性心不全患者に投与したところ、退院後180日間の死亡が有意に減少した。これは、欧米数カ国の研究者らが行った二重盲検、プロスペクティブ、多施設無作為化プラセボ対照試験「RELAX-AHF試験」の結果であり、J Am Coll Cardiol誌10月号に掲載された。(記事全文を読む)

 ADVANCE(Action in Diabetes and Vascular Disease: Preterax and Diamicron Modified Release Controlled Evaluation)試験の追跡研究であるADVANCE-ON試験の結果が9月19日にN Engl J Med誌に掲載された。(記事全文を読む)

 アンジオテンシン受容体阻害とネプリライシン阻害薬の2つの作用からなる新規薬剤LCZ696は、駆出率の低下した心不全患者の死亡と心不全による入院リスクの低減において、 ACE阻害薬エナラプリルよりも優れていた。この結果は、N Eng J Med誌9月11日号に掲載された。(記事全文を読む)

 心血管リスクの高い高齢集団において、血清カルシウム値の上昇と2型糖尿病の発症リスクに関連が見られることが、スペインで実施されたPREDIMED試験の患者のデータを用いたプロスペクティブ研究で明らかにされた。この結果は、Diabetes Care誌8月19日号オンライン版に掲載された。(記事全文を読む)

 置換術で留置した大動脈生体弁の機能不全に対する低侵襲治療としてTAVVI(経カテーテル大動脈バルブ・イン・バルブ植え込み術)が施行されている。今回初めて包括的に1年全生存率を調査したところ、83.2%だった。1年以内の死亡と関連する因子は小径の生体弁、TAVVI前の弁狭窄であることも判明した。この結果は、JAMA誌7月9日号に掲載された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 「0円求人」で4カ月で7人を採用できたわけ 診療所マネジメント実践記
  3. 勘違いが多い「離婚調停」の実情 裁判官が語る医療訴訟の実像
  4. がん薬物療法中に自損事故、運転禁止で済まぬ事情も 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  5. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
  6. スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔 開業の落とし穴
  7. 「誤嚥性肺炎か、心不全か」で悩んだら 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  8. 透析見合わせ105例から見えてくる課題 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《5》
  9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  10. 胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とは 日経メディカルOncologyリポート
医師と医学研究者におすすめの英文校正