• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 ヒトレラキシン2の遺伝子組み換え型蛋白質「serelaxin」を急性心不全患者に投与したところ、退院後180日間の死亡が有意に減少した。これは、欧米数カ国の研究者らが行った二重盲検、プロスペクティブ、多施設無作為化プラセボ対照試験「RELAX-AHF試験」の結果であり、J Am Coll Cardiol誌10月号に掲載された。(記事全文を読む)

 ADVANCE(Action in Diabetes and Vascular Disease: Preterax and Diamicron Modified Release Controlled Evaluation)試験の追跡研究であるADVANCE-ON試験の結果が9月19日にN Engl J Med誌に掲載された。(記事全文を読む)

 アンジオテンシン受容体阻害とネプリライシン阻害薬の2つの作用からなる新規薬剤LCZ696は、駆出率の低下した心不全患者の死亡と心不全による入院リスクの低減において、 ACE阻害薬エナラプリルよりも優れていた。この結果は、N Eng J Med誌9月11日号に掲載された。(記事全文を読む)

 心血管リスクの高い高齢集団において、血清カルシウム値の上昇と2型糖尿病の発症リスクに関連が見られることが、スペインで実施されたPREDIMED試験の患者のデータを用いたプロスペクティブ研究で明らかにされた。この結果は、Diabetes Care誌8月19日号オンライン版に掲載された。(記事全文を読む)

 置換術で留置した大動脈生体弁の機能不全に対する低侵襲治療としてTAVVI(経カテーテル大動脈バルブ・イン・バルブ植え込み術)が施行されている。今回初めて包括的に1年全生存率を調査したところ、83.2%だった。1年以内の死亡と関連する因子は小径の生体弁、TAVVI前の弁狭窄であることも判明した。この結果は、JAMA誌7月9日号に掲載された。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  2. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  3. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 摘便を「2本指」で行うのは不適切では? 教えて!ハテナース
  5. COPD合併のACSにはβ遮断薬を避ける人が多い Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  6. 嚥下痛の30歳男性、咽頭所見をどう見る? AntaaQAピックアップ
  7. 誰がWATCHMANを“watch”するのか 記者の眼
  8. 薬剤費削減のために保険者も動く、その影響は? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《4》
  9. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  10. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正