• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
 近年、冠動脈に加えて、頸動脈、末梢動脈でもステント留置術が広く行われるようになり、周術期あるいは術後の抗血小板療法を、どのように行うべきかが大きな課題になっている。そこで、2009年9月、米サンフランシスコでTCT2009 (Transcatheter Cardiovascular Therapeutics 2009) が開催されたのを機に、血管内治療の最前線にいる日本・韓国の脳神経外科医、循環器内科医の方々にお集まりいただき、血管内治療における抗血小板療法の実際と意義について、研究の紹介と討論をお願いした(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 近年、DES(薬剤溶出性ステント)留置術後に起こるVLST(遅発性ステント血栓症)の原因の1つとして、late acquired malappositionが注目されている。そこで、その病態とステント留置術後の抗血小板療法の実際について、名古屋第二赤十字病院の平山治雄氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。(記事全文を読む)

 血栓症を抑制するために抗血小板薬や抗凝固薬が用いられてきたが、一方で治療を強化すると出血性障害が増加するというジレンマに悩まされてきた。この難問を解決する方法が模索されている中、東海大学医学部内科学系教授の後藤信哉氏(写真)は、血栓形成を考える理論的枠組みとして、約150年前に提唱されたVirchowの三原則(Virchow's triad)が今日も有効であると強調する。Virchowの三原則とは何なのか、解説していただいた(動画による解説付き)。(記事全文を読む)

 PCIにおけるステント留置後の再狭窄率は、薬剤溶出性ステント(DES;drug-eluting stent)の導入によって低下したが、従来のベアメタル・ステント(BMS;bare metal stent)と比べ、DESの長期予後に疑問を呈する研究結果が昨年相次いで発表された。2006年3月に開催されたACC(米国心臓学会)や同年9月にバルセロナで開催されたWCC/ESC2006(世界心臓学会/ヨーロッパ心臓学会)で発表されたDESの長期予後の報告は大きな波紋を広げている。(記事全文を読む)

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  2. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  3. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 新人ナースを卒業したとき 病院珍百景
  5. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  6. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  7. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 相変わらず遅れている日本のワクチン政策 仏サノフィ・パスツールの上級副社長、デヴィッド・ロウ氏に聞く
  9. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  10. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
医師と医学研究者におすすめの英文校正