• TOP
  • News Report
  • New Insight
  • 脳頸動脈
  • 冠動脈
  • PAD
  • Information
ピックアップ
 ヒトレラキシン2の遺伝子組み換え型蛋白質「serelaxin」を急性心不全患者に投与したところ、退院後180日間の死亡が有意に減少した。これは、欧米数カ国の研究者らが行った二重盲検、プロスペクティブ、多施設無作為化プラセボ対照試験「RELAX-AHF試験」の結果であり、J Am Coll Cardiol誌10月号に掲載された。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 10歳男児。尿糖陽性 日経メディクイズ●小児
  2. 医師が欲しい「こんな商品、あんなサービス」 日経ヘルスケアon the web
  3. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
  4. デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か 海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
  5. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  6. 怒る患者、傷付く患者に悩み中! うさコメント!
  7. 耳垢栓塞はどうやって除去? 耳かきの指導は? AntaaQAピックアップ
  8. 話題の新規心不全治療薬ARNI、日本上陸へ トレンド◎ネプリライシン阻害薬が国内承認申請
  9. ガイドラインにもお国柄あり? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  10. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
医師と医学研究者におすすめの英文校正