日経メディカルのロゴ画像

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012 エビデンスの軌跡 トップ インタビュー 動脈硬化疾患エビデンス ニュース&レポート
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012 エビデンスの軌跡 トップ インタビュー 動脈硬化疾患エビデンス ニュース&レポート

Interview

新ガイドラインの評価はしだいに高くなっている

新ガイドラインの評価はしだいに高くなっている

 日本動脈硬化学会は、2012年6月に「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」を刊行後、第一線の医師への認知を高めるため、同年末までに全都道府県で50回を…

内外の最新エビデンスを踏まえ絶対リスクと包括的治療を導入

内外の最新エビデンスを踏まえ絶対リスクと包括的治療を導入…

 日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」が5年ぶりに改訂された。患者のリスク層別化に「NIPPON DATA80」のリスク評価チャートに基づいた絶対…

動脈硬化エビデンス

MEGA:冠動脈疾患が少ない日本人で脂質改善の意義を示す

MEGA:冠動脈疾患が少ない日本人で脂質改善の意義を示す

 LDL-C低下療法が冠動脈疾患の1次、2次予防に有用であることについては、欧米でエビデンスが確立している。しかし日本人は欧米人に比べて心筋梗塞の発症が3分…

SPARCL試験:脳卒中既往患者に対する包括管理の重要性を示す

SPARCL試験:脳卒中既往患者に対する包括管理の重要性を示す…

 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版では、スタチンによる脳梗塞発症の予防を「推奨レベル1、エビデンスレベルA」としている。そのステートメントの中で…

ASCOT-LLA:動脈硬化予防に包括的治療の有効性を示す

ASCOT-LLA:動脈硬化予防に包括的治療の有効性を示す

 心血管リスク因子を持つ患者の動脈硬化予防には、血圧、脂質、血糖を含めた管理――包括的治療を行う必要がある。今回のガイドライン改訂で特に強調されたそ…

高リスク糖尿病患者への積極的なLDL-C低下で心血管リスクが37%減:CARDS試験

高リスク糖尿病患者への積極的なLDL-C低下で心血管リスクが37%減:CARDS試験…

 糖尿病は動脈硬化疾患の大きなリスク要因であり、欧米のメタ解析では非糖尿病患者と比較した冠動脈疾患発症リスクが約2倍。わが国の久山町研究やNIPPONDATA80…

CTT:26臨床試験のメタ解析で積極的脂質低下療法の有効性と安全性を立証

CTT:26臨床試験のメタ解析で積極的脂質低下療法の有効性と安全性を立証…

 スタチンによる脂質低下療法が動脈硬化性疾患を抑制することを示した無作為化比較試験(RCT)は数多い。脂質低下療法に関する主な大規模RCTを対象としたChole…