連載・コラム

連載: 泣かせない小児診療ABC

連載: 泣かせない小児診療ABC

連載の紹介

診療所は子どもに「痛い、怖い」と思われがちな場所です。医療従事者は、できる限り子どもの不安を最小限にして子ども達がその子なりに乗り越えていけるよう、手助けをする必要があります。本連載では、横井氏が試行錯誤の末たどり着いた子ども達の不安を減らす診療の工夫を、内科や総合医の開業医向けに紹介します。

著者プロフィール

横井茂夫(横井こどもクリニック院長)●よこいしげお氏。1975年慈恵医大卒。国立大蔵病院・都立母子保健院を経て、1998年より現職。医師国家試験対策予備校のテコムで小児科の授業を34年間担当し、医師国家試験とCBTの模擬試験問題や解説書を作成している。乗馬、落語鑑賞、料理が趣味。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  2. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 25歳男性。動悸、失神 日経メディクイズ●心電図
  5. 耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハで インタビュー◎耳鳴は拍動性の有無、聴覚検査などを基に診断
  6. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  7. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
  8. 診断の質を高める3つのReflectionを 診断エラー学のすすめ
  9. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  10. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正