連載・コラム

連載: 「こじらせ疼痛」にどう向き合う

連載: 「こじらせ疼痛」にどう向き合う

連載の紹介

慢性的な疼痛は、身体的な問題、精神心理的問題、社会問題が複雑に合わさって生じるものです。そのため、慢性疼痛を抱えた患者の診療には麻酔科、精神科、整形外科など様々な診療科の知見を組み合わせた集学的・統合的な治療が求められます。本連載では、疼痛をこじらせてしまった症例を取り上げ、症状の経過を振り返りながら、日常診療で見落としがちな特徴的な症状・病態・経過、薬剤処方における注意点、患者への接し方などについて解説いたします。

著者プロフィール

牛田享宏(愛知医科大学学際的痛みセンター教授)●うしだ たかひろ氏。1991年高知医科大学卒。神経障害性疼痛モデルを学ぶため1995年テキサス大学医学部客員研究員、2004年ノースウエスタン大学客員研究員、同年高知大学整形外科講師を経て、2007年から現職。慢性の痛みに対する集学的な治療・研究に取り組み、2012年から愛知医科大学医学部運動療育センター長を併任。厚生労働省の「慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究」の研究代表者。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正