連載・コラム

連載: 皮膚科のくすり虎の巻

連載: 皮膚科のくすり虎の巻

連載の紹介

外用薬をはじめとする皮膚科の薬の使い方について解説します。薬剤ごとに、ちょっとした使い方のコツと注意点を紹介。教科書的なことはなるべく省略し、私が臨床の場でマスターした勘所をしっかりお伝えしていきます。

著者プロフィール

常深祐一郎(東京女子医科大学皮膚科准教授)●つねみゆういちろう氏。1999年東京大学卒。東京大学病院と国立国際医療センター病院皮膚科で研修後、東京大学皮膚科医員、助教を経て、2014年から現職。医学博士。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。咳、血痰、鼻汁、呼吸困難感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 「膀胱炎治療にクラビット」は時代遅れ 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:173
  3. 医局って入るべきですか?現役大学教授のホンネ シリーズ◎何でもPros Cons【医局に所属すべき?】 FBシェア数:10
  4. 補助人工心臓が「死ぬまで使う」医療機器に トレンド◎適応拡大で対象が3倍に? ACPの進め方など新たな課題も FBシェア数:126
  5. 治療法選択の「熟慮」の機会与えず敗訴 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:8
  6. 「治療を受けなければよかった」と言われたとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:69
  7. 「透析中止事件」で見えてきた法的な論点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:73
  8. 「医局に所属しなくてもいい」が7割超 シリーズ◎何でもPros Cons【医局に所属すべき?】 FBシェア数:25
  9. 1枚撮るなら立位?それとも臥位? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  10. ワルファリン投与時の厳格な食事制限は必要か? 学会トピック◎第44回日本脳卒中学会学術集会(STROKE2019) FBシェア数:51
医師と医学研究者におすすめの英文校正