連載・コラム

連載: 【短期集中講義】水虫治療 常識のウソ

連載: 【短期集中講義】水虫治療 常識のウソ

連載の紹介

もはや国民病となった水虫。でも、まだまだ、医師や医療関係者の中にも誤解は多いようです。水虫はきちんと理解して治療すれば完治も可能です。もう一度、しっかり勉強してみましょう。なお本連載では、愛着も込めて、白癬をあえて「水虫」と称します。

著者プロフィール

常深祐一郎(東京女子医大皮膚科准教授)●つねみゆういちろう氏。1999年東大卒。東大病院と国立国際医療センター皮膚科で研修後、東大皮膚科医員、助教を経て、2014年から現職。医学博士。日本皮膚科学会認定専門医、日本医真菌学会認定専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  2. 4歳女児。顔面のソバカス様の小色素斑 日経メディクイズ●皮膚
  3. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
  4. 惰性のモニタリング、だせーじゃん? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. 最難関の新「造血器腫瘍ガイドライン」をモノにせよ 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  6. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
  7. 都道府県でこんなに違う!看護師、介護職の賃金相場 記者の眼
  8. 骨棘を除去したのに嚥下機能は低下、どうする? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  9. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
  10. 急速に様変わりする肝細胞癌の治療 日経メディカルOncologyリポート
医師と医学研究者におすすめの英文校正