連載: 宗圓聰の「総ざらい骨粗鬆症診療」

連載の紹介

骨粗鬆症は身近な疾患で、患者数は約1280万人と推定されています。しかし、骨折を起こさない限り気付きにくいため、3割程度の患者しか治療を受けていません。本連載では、「この患者さん骨粗鬆症かも」と疑ってほしい症例を紹介するとともに、診療ポイントを総ざらいします。

著者プロフィール

宗圓聰(近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授)●そうえん さとし氏。1978年京都大学卒。近畿大学整形外科学教室助手、ハーバードメディカルスクールなどを経て2004年2月より現職。日本骨粗鬆症学会理事長、日本骨代謝学会理事などを務める。骨粗鬆症に関する診断規準、ガイドラインの作成にも携わる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  2. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  3. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 新人ナースを卒業したとき 病院珍百景
  5. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  6. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  7. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 相変わらず遅れている日本のワクチン政策 仏サノフィ・パスツールの上級副社長、デヴィッド・ロウ氏に聞く
  9. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  10. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
医師と医学研究者におすすめの英文校正