連載・コラム

連載: 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」

連載: 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」

連載の紹介

「頭痛の患者は多く、どの診療科でもよくみる愁訴ですが、頭痛専門医は少ないのが実情です。頭痛をきちんと診療できれば、診療の幅が広がります。頭痛外来での指導医と研修医の対話を通じて、頭痛診療のスキルとノウハウを楽しく学んでください。

著者プロフィール

柴田 靖(筑波大学水戸地域医療教育センター/水戸協同病院脳神経外科教授)●しばた やすし氏。1988年筑波大学卒。同大脳神経外科、米ハーバード大ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンターなどを経て2015年から現職。国際頭痛学会Headache Master。日本脳神経外科学会、日本頭痛学会専門医・指導医。頭痛外来研修医募集中。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. あなたの知らないゴッホ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
  5. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
  6. 高齢者の飲酒量は認知機能に関係するか? JAMA Network Open誌から
  7. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
  8. サクビトリル・バルサルタンの国内治験成績発表 学会トピック◎第23回日本心不全学会学術集会
  9. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
  10. 糖尿病領域の注目すべき最新エビデンスを吟味 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正