連載・コラム

連載: プライマリケア医のための喘息・COPD入門

連載: プライマリケア医のための喘息・COPD入門

連載の紹介

「吸入薬を処方したのに症状が改善しない」という患者さんの多くは、正しい診断に基づいた適切な治療を施すと、とても良くなります。喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診療において、みなさんが陥りやすいピットフォールと、的確な診療のポイントをわかりやすく解説します。

著者プロフィール

大林浩幸(東濃中央クリニック〔岐阜県瑞浪市〕院長)●おおばやし ひろゆき氏。日本呼吸器学会「COPD診断と治療のためのガイドライン(第4版)、(第5版)」査読委員、日本アレルギー学会「喘息予防・管理ガイドライン(JGL2009、JGL2012、JGL2015、JGL2018)」作成委員。藤田医科大学医学部客員教授、島根大臨床教授。吸入療法アカデミー代表理事。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
  8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
  9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正