連載・コラム

連載: ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ

連載: ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ

連載の紹介

抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎は、経過中に耳病変を来すことがある。近年、難治性中耳炎を合併するANCA関連血管炎はANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)とされ、その診断基準が示された。遭遇頻度の高い耳病変からOMAAV疑い例を適切に拾い上げられるよう、旭川医大耳鼻咽喉科の岸部氏にその特徴を、症例を交えて説いてもらう。

著者プロフィール

岸部 幹(旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科講師)●きしべ かん氏。1997年旭川医科大卒。北海道社会保険病院、旭川厚生病院などを経て、2006年に旭川医科大耳鼻咽喉科、2017年から現職。2014年度から2017年度に、日本耳科学会ガイドライン委員会(ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググループ)委員。2017年度には、難治性血管炎に関する調査研究班の研究協力者を務める。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正