連載・コラム

連載: ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ

連載: ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ

連載の紹介

抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎は、経過中に耳病変を来すことがある。近年、難治性中耳炎を合併するANCA関連血管炎はANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)とされ、その診断基準が示された。遭遇頻度の高い耳病変からOMAAV疑い例を適切に拾い上げられるよう、旭川医大耳鼻咽喉科の岸部氏にその特徴を、症例を交えて説いてもらう。

著者プロフィール

岸部 幹(旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科講師)●きしべ かん氏。1997年旭川医科大卒。北海道社会保険病院、旭川厚生病院などを経て、2006年に旭川医科大耳鼻咽喉科、2017年から現職。2014年度から2017年度に、日本耳科学会ガイドライン委員会(ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググループ)委員。2017年度には、難治性血管炎に関する調査研究班の研究協力者を務める。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:76
  2. 64歳女性。発熱と皮疹 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 薬物乱用頭痛は病態を頭に入れて対処しよう 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:36
  4. 心房細動と心房粗動の脳梗塞リスクは異なる JAMA Network Open誌から FBシェア数:46
  5. 入院患者の不穏行動をAIで予知して防ぐ リポート◎手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中 FBシェア数:90
  6. 町ぐるみで研修医に「本物の地域医療」を伝授 記者リポート FBシェア数:34
  7. 治療に直結する脳梗塞の病型診断 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. 風疹の国内流行が発生し始めている可能性が高い 感染研が緊急情報、首都圏で風疹患者が急増 FBシェア数:82
  9. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  10. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正