連載・コラム

連載: プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ

連載: プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ

連載の紹介

患者背景によって治療方針が大きく変わる心房細動。循環器疾患を専門としないプライマリ・ケア医向けに、実際の症例や最新のエビデンスを交えながら、心房細動の診断・治療を“分かりやすさ最優先”で解説する人気コラムが、4年ぶりに帰ってきました。

著者プロフィール

小田倉弘典(土橋内科医院〔仙台市〕院長)●おだくら ひろのり氏。1987年東北大卒。仙台市立病院循環器科、国立循環器病研究センター、仙台市立病院循環器科医長を経て2004年より現職。ブログ「心房細動な日々」。 ※2013年4月以降、コラムの内容に関連して開示すべき経済的な利益相反関係にある製薬企業はありません。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  2. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  3. 50代パート職員の「無期契約」依頼に院長は… 院長を悩ます職員トラブル大研究
  4. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  5. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  6. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. β3刺激薬のベタニスがシェア急拡大 NMO処方サーベイ
  8. 2型糖尿病は最初から併用療法を行うべき? Lancet誌から
  9. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図
  10. 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療する トレンド◎注目の「グルー治療」が登場間近
医師と医学研究者におすすめの英文校正