連載・コラム

連載: 婦人科医が指南!「女性選手の健康支援」

連載: 婦人科医が指南!「女性選手の健康支援」

連載の紹介

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催される。多くのアスリートが出場を夢見てスポーツに打ち込んでいるが、女性選手は、トップ選手に限らず、月経周期異常や月経困難症など女性特有の健康問題を抱えがち。婦人科医でスポーツドクターの能瀬氏が、女性選手特有の健康問題とその解決法を解説する。

著者プロフィール

能瀬さやか(東京大学附属病院女性診療科)●のせさやか氏。北里大卒。2006年東京大学産婦人科学教室入局後、国立スポーツ科学センターなどを経て、2017年2月より現職。日本産科婦人科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本アンチドーピング機構公認ドーピングコントロールオフィサー、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  2. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  3. 50代パート職員の「無期契約」依頼に院長は… 院長を悩ます職員トラブル大研究
  4. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  5. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  6. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. β3刺激薬のベタニスがシェア急拡大 NMO処方サーベイ
  8. 2型糖尿病は最初から併用療法を行うべき? Lancet誌から
  9. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図
  10. 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療する トレンド◎注目の「グルー治療」が登場間近
医師と医学研究者におすすめの英文校正