連載・コラム

連載: 婦人科医が指南!「女性選手の健康支援」

連載: 婦人科医が指南!「女性選手の健康支援」

連載の紹介

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催される。多くのアスリートが出場を夢見てスポーツに打ち込んでいるが、女性選手は、トップ選手に限らず、月経周期異常や月経困難症など女性特有の健康問題を抱えがち。婦人科医でスポーツドクターの能瀬氏が、女性選手特有の健康問題とその解決法を解説する。

著者プロフィール

能瀬さやか(東京大学附属病院女性診療科)●のせさやか氏。北里大卒。2006年東京大学産婦人科学教室入局後、国立スポーツ科学センターなどを経て、2017年2月より現職。日本産科婦人科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本アンチドーピング機構公認ドーピングコントロールオフィサー、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  2. あなたの論文のアクセプト率を7倍にする方法 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  3. 貴院のサイト、「しくじり事例」になっていませんか… 病医院PRレベルアップ講座
  4. 術後経過良好な患者が家族の前で下半身麻痺に シリーズ◎忘れられないカルテ
  5. 生後6カ月男児。全身性の角化異常 日経メディクイズ●皮膚
  6. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  7. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
  8. 日本老年医学会「ACP推進に関する提言」を発表 学会トピック◎第61回日本老年医学会学術集会
  9. 徐脈へのアトロピン、3A静注は多過ぎ? AntaaQAピックアップ
  10. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正