連載・コラム

連載: なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」

連載: なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」

連載の紹介

病医院を構えている限り、いつどんな患者がやって来るかわかりません。いったん患者トラブルが発生し、解決に手間取ると、対応する職員の疲弊、患者の減少という悪循環を招き、経営の土台が揺らぎかねません。筆者が相談に乗った事例を紹介しながら、患者トラブル解決の「真髄」に迫ります。

著者プロフィール

尾内康彦(大阪府保険医協会事務局参与)●おのうち・やすひこ氏。大阪外国語大学卒。1979年大阪府保険医協会に入局。年400件以上の医療機関トラブルの相談に乗り、「なにわのトラブルバスター」の異名を持つ。著書に『患者トラブルを解決する「技術」』(日経BP)がある。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 「0円求人」で4カ月で7人を採用できたわけ 診療所マネジメント実践記
  3. 勘違いが多い「離婚調停」の実情 裁判官が語る医療訴訟の実像
  4. がん薬物療法中に自損事故、運転禁止で済まぬ事情も 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  5. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
  6. スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔 開業の落とし穴
  7. 「誤嚥性肺炎か、心不全か」で悩んだら 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  8. 透析見合わせ105例から見えてくる課題 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《5》
  9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  10. 胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とは 日経メディカルOncologyリポート
医師と医学研究者におすすめの英文校正