連載・コラム

連載: 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来

連載: 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来

連載の紹介

患者はヒタイに病名を書いて来院するわけではない。検査結果を待ってじっくり診断する余裕もない。立ち合い勝負の無慈悲な診療科―それが皮膚科である。教科書に載っていない、皮膚科診療における思考過程を再現してみよう。

著者プロフィール

中村健一(ドクターケンクリニック[旧おゆみの皮フ科医院]院長)●なかむら けんいち氏。信州大医学部卒。宇治徳洲会病院、北里大皮膚科、聖路加国際病院皮膚科を経て、1993年に開業。著書に『診療所で診る皮膚疾患』『診療所で診る子どもの皮膚疾患』(いずれも日本医事新報社)など。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン4】異常陰影を指摘せよ(難易度 高) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:3
  2. 「基本3点セット」でせん妄をコントロール ケーススタディー◎睡眠マネジメントで術後せん妄を防ぐ静岡がんセンター FBシェア数:7
  3. 「この治療は意味があるのかな?」と思ったら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:72
  4. 外国人患者の来院への備え、ここがポイント 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:5
  5. 日大は卒業生の子女を優先して追加合格 NEWS FBシェア数:6
  6. 腸内細菌の研究が活況、しかし課題も 記者の眼 FBシェア数:11
  7. 60歳代女性。肝障害の精査 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:1
  8. 震える指が指した50音ホワイトボードの「ありがと… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 奇想の絵師8人が大集合する「奇想の系譜展」 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  10. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:52
医師と医学研究者におすすめの英文校正