連載・コラム

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載の紹介

時間との闘いである救急医療は患者到着前、すなわち救急隊からの病院連絡時から始まる。救急隊の情報を基に原因疾患を臨床推論し、患者到着と同時に適切な対応を提供する--。この目標を達成するために必要となる「救急ならではの思考プロセス」を、救急医の望月氏が独自作成した「二次元鑑別リスト」で見える化する。

著者プロフィール

望月礼子(鹿児島大学救命救急センター・奄美プロジェクト特任講師)●もちづきれいこ氏。2007年大分大卒。自治医科大学附属病院の初期研修で臨床推論の奥深さに触れ、疾患の宝庫である救急へ。今後の夢は、緊急度・重症度の評価で重要な「レッドフラッグ」を救急隊や離島医療、一般市民に広めること。南極で皇帝ペンギンと語り合うこと。救急科専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  2. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  3. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  4. 診療1カ月後のカルテ追記、紛争で不利になる? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  5. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. 臨床推論に使える乙女便秘とフレイル便秘 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  7. 厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所 詳説◎改訂高血圧治療ガイドライン(JSH2019)《前編》
  8. DNR患者の救急搬送を要請されたら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  9. 1日1回のアメナリーフはまだシェア10%止まり NMO処方サーベイ
  10. 胸痛だがECGは正常。上行大動脈の拡張が原因? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正