連載・コラム

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載の紹介

時間との闘いである救急医療は患者到着前、すなわち救急隊からの病院連絡時から始まる。救急隊の情報を基に原因疾患を臨床推論し、患者到着と同時に適切な対応を提供する--。この目標を達成するために必要となる「救急ならではの思考プロセス」を、救急医の望月氏が独自作成した「二次元鑑別リスト」で見える化する。

著者プロフィール

望月礼子(鹿児島大学救命救急センター・奄美プロジェクト特任講師)●もちづきれいこ氏。2007年大分大卒。自治医科大学附属病院の初期研修で臨床推論の奥深さに触れ、疾患の宝庫である救急へ。今後の夢は、緊急度・重症度の評価で重要な「レッドフラッグ」を救急隊や離島医療、一般市民に広めること。南極で皇帝ペンギンと語り合うこと。救急科専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. しんどいけれど、きっといつか うさコメント!
  2. 不明熱でPSL20mg開始後、急に両脚が脱力! AntaaQAピックアップ
  3. 小児感染症科の10年を振り返って 寄稿◎堀越裕歩(WHO疫学コンサルタント)
  4. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
  5. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
  6. じわり浸透、連携推進法人が13まで増えた理由とは 記者の眼
  7. ゲノム編集で遺伝性疾患の根治的治療が視野に トレンド◎⽇本の技術集積で進化する「ゲノムの外科治療」
  8. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  9. 経済性にも優れた標準薬物治療を全国に広めたい 日本調剤取締役フォーミュラリー推進部長の増原慶壮氏に聞く
  10. くも膜下出血を否定、次に疑うべきは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
医師と医学研究者におすすめの英文校正