連載・コラム

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載: 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論

連載の紹介

時間との闘いである救急医療は患者到着前、すなわち救急隊からの病院連絡時から始まる。救急隊の情報を基に原因疾患を臨床推論し、患者到着と同時に適切な対応を提供する−−。この目標を達成するために必要となる「救急ならではの思考プロセス」を、救急医の望月氏が独自作成した「二次元鑑別リスト」で見える化する。

著者プロフィール

望月礼子(鹿児島大学病院救命救急センター特任講師)●もちづきれいこ氏。2007年大分大卒。自治医科大学附属病院の初期研修で臨床推論の奥深さに触れ、疾患の宝庫である救急へ。今後の夢は、緊急度・重症度の評価で重要な「レッドフラッグ」を救急隊や離島医療、一般市民に広めること。南極で皇帝ペンギンと語り合うこと。救急科専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:24
  2. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:73
  3. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:68
  4. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:402
  5. 女子研修医の恋バナ 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:15
  6. 潰瘍性大腸炎に新薬続々、使い分けのヒントは リポート◎新機序の抗体医薬とJAK阻害薬が腸管免疫を抑制 FBシェア数:42
  7. 13歳女性。左前腕から肘にかけての痛み 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 最後の言葉は、次の電車が来る前に テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:161
  9. 非コードRNAが「精密医療」の鍵に 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」 FBシェア数:9
  10. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:84
医師と医学研究者におすすめの英文校正