連載・コラム

連載: 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」

連載: 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」

連載の紹介

複数の自治体で肺癌検診の読影に携わり、肺癌検診読影従事者と若手呼吸器内科医を対象に胸部X線写真の読影法を指導してきたほか、「人の肺(ハい)読影法」を考案した山口哲生氏が肺癌検診クイズを出題。あなたの胸部X線読影スキルを劇的に向上させる。

著者プロフィール

やまぐち てつお氏〇1978年千葉大学卒。千葉大学呼吸器内科講師・医局長を経て、1989年からJR東京総合病院呼吸器内科医長、1992年から部長、2008~2015年に副院長兼呼吸器センター長を務める。2015年から現職。サルコイドーシス専門外来も開いている。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  2. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  3. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  6. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  7. 「安定冠動脈疾患」改め「慢性冠症候群」へ 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
医師と医学研究者におすすめの英文校正