連載・コラム

連載: プライマリケア医のための認知症診療講座

連載: プライマリケア医のための認知症診療講座

連載の紹介

2020年、患者数が325万人に達するといわれる認知症。患者数の増加に伴い、認知症の診療におけるプライマリケア医の役割が大きくなっています。著者が遭遇した実際の症例を紹介しながら、認知症診療の「いろは」を解説します。

著者プロフィール

川畑信也(八千代病院〔愛知県安城市〕神経内科部長)●かわばた のぶや氏。1979年昭和大医学部卒。国立循環器病センター、秋田県立脳血管研究センター、成田記念病院〔愛知県豊橋市〕を経て2008年より現職。愛知県認知症疾患医療センターセンター長も兼任。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:128
  2. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂 FBシェア数:3
  3. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  4. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:60
  5. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:300
  6. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:35
  7. 「誕生日休暇」「子の行事休暇」導入の成果は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:7
  8. 1秒率の定義は、実は2種類ある 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:27
  9. 日経メディカル、動画を始めました! 記者の眼 FBシェア数:30
  10. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正