連載・コラム

連載: プライマリケア医のための認知症診療講座

連載: プライマリケア医のための認知症診療講座

連載の紹介

2020年、患者数が325万人に達するといわれる認知症。患者数の増加に伴い、認知症の診療におけるプライマリケア医の役割が大きくなっています。著者が遭遇した実際の症例を紹介しながら、認知症診療の「いろは」を解説します。

著者プロフィール

川畑信也(八千代病院〔愛知県安城市〕神経内科部長)●かわばた のぶや氏。1979年昭和大医学部卒。国立循環器病センター、秋田県立脳血管研究センター、成田記念病院〔愛知県豊橋市〕を経て2008年より現職。愛知県認知症疾患医療センターセンター長も兼任。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  3. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  4. 五月病に効く!? 理不尽な患者さんへの対処法 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. 85歳男性。腹部膨満 日経メディクイズ●腹部X線
  6. 同僚男性からの執拗なLINEのメッセージに困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究
  7. かかりつけ医機能の在り方を議論 シリーズ◎2020診療報酬改定
  8. 公立・公的病院の機能改革、形式的な対応多く 地域医療構想に関するワーキンググループ
  9. 2カ月男児。前胸部の鱗屑を伴う環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚
  10. セファゾリン不足で病院勤務医の4割「困った」 医師1000人に聞きました
医師と医学研究者におすすめの英文校正