連載・コラム

連載: 金子英弘の「NIPPON 心臓病治療の最前線」

連載: 金子英弘の「NIPPON 心臓病治療の最前線」

連載の紹介

ドイツ留学中に弁膜症や心不全、心房細動などの心臓病に対するカテーテルを用いた最新の低侵襲治療を数多く経験し、現在は東大病院の弁膜症外来で診療を行う筆者。専門家へのインタビューや主要学会への参加を通じて、心臓病治療のトピックスを独自の目線で解説します。

著者プロフィール

金子英弘(東京大学医学部循環器内科SHD部門チーフ・先進循環器病学講座特任講師)●かねこ ひでひろ氏。2004年、慶應義塾大学医学部卒業。2014年4月より日本学術振興会海外特別研究員としてドイツに留学。ブランデンブルク心臓病センター・ブランデンブルク医科大学に勤務し、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)や僧帽弁閉鎖不全症のカテーテル治療、左心耳閉鎖術などStructuralHeart Disease interventionを学ぶ。2018年6月から現職。医師資格(日本・ドイツ)、医学博士、循環器内科専門医。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 新人ナースの友情 病院珍百景
  3. 気管支鏡後に胸部X線写真は全例撮影すべき? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  4. 癌の遺伝子パネル検査って、保険で行う臨床研究です… 記者の眼
  5. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか(訂正あ… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 放射性ヨウ素内用療法は癌死亡を増やすか? JAMA Intern Med誌から
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 訪日外国人受け入れる医療機関リストを公表 厚労省と観光庁が連携
  9. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. 下口唇の腫脹、どうマネージメントする? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正