連載・コラム

連載: 症例で学ぶ救急診療の鉄則――北の現場から

連載: 症例で学ぶ救急診療の鉄則――北の現場から

連載の紹介

救急患者が訴える多様な症状への対応法、危険な兆候を見逃さないための鉄則、ピットフォールを、八戸市立市民病院救命救急センターのスタッフが、臨場感あふれる症例画像とともに解説します。

著者プロフィール

八戸市立市民病院救命救急センター●青森県八戸市の3次救急施設として、重症熱傷の集中治療室、心疾患集中治療室などを備える。病床は30床。本連載は、今明秀所長の監修の下、センターのスタッフが執筆。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
  2. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
  3. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  4. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  5. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  6. 時代遅れになった「退院支援」 医師が知らない介護の話
  7. 働き方改革で即効性高い「切り札」とは? 日経ヘルスケアon the web
  8. ソフトドリンクを毎日飲むと死亡率が増える JAMA Intern Med誌から
  9. 90秒でHbA1cを測定できる装置がやってきた トレンド◎指先血で簡易に測定、新たな測定原理を持つ分析装置発売
  10. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
医師と医学研究者におすすめの英文校正