連載・コラム

連載: 患者と医師の認識ギャップ考

連載: 患者と医師の認識ギャップ考

連載の紹介

「医師の説明が分からない」「回復の実感がないのに規則だからと退院を迫られた」「早期の癌だからと唐突に告知された」などと不安・不信を抱く患者の声があります。そんな患者本人の内面の葛藤さえも受け止めて、医療者との間に生じる認識のズレを埋める術を考えていきます。

著者プロフィール

「一般社団法人よりどころ」が運営する「メッセンジャーナース認定協会」(会長:吉田和子)から認定を受けたメンバー。メッセンジャーナースとは、患者本人と家族、医療者の間に潜む意識のギャップを埋めるためのプロフェッショナルのこと。看護師らを中心に、28都道府県で85人がメッセンジャーナースとして活動を展開中。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 71歳男性、ペースメーカー植え込み後 日経メディクイズ●心電図
  2. 「それは精神的な問題です」と内科医が言うとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  3. 製薬会社の弁当はNGか? ~個人的な意見~ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  4. β遮断薬:アーチスト抜き、メインテートが1位 NMO処方サーベイ
  5. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  6. 3年ぶりに改訂された膵癌診療ガイドラインを解説 日経メディカルOncologyリポート
  7. 80歳男性。左股関節痛 日経メディクイズ●救急
  8. その比べ方では論文の論理性があいまいに! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意
  9. 50歳代男性に生じためまい、鑑別の進め方 カンファで学ぶ臨床推論
  10. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
医師と医学研究者におすすめの英文校正