連載・コラム

連載: 小林米幸の外国人医療奮闘記

連載: 小林米幸の外国人医療奮闘記

連載の紹介

日本の常識が通用しない医療——。それが外国人診療です。常識の違いに日々悩みつつも、「困ったときはお互いさま」をモットーに1985年から外国人を診療し続けてきた小林米幸氏が、実際に体感した国による文化や医療の捉え方の違いを紹介します。

著者プロフィール

1974年慶應義塾大学医学部卒。神奈川県大和市立病院外科医長、内視鏡室長、1985年からはインドシナ難民大和定住促進センター嘱託医を兼任。1990年に小林国際クリニックを開設。翌年、在日外国人への医療情報の提供や、日本の医療機関への外国人医療に関する情報提供、診療時の電話通訳を行うAMDA国際医療情報センターを立ち上げ、所長に就任。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. あなたの知らないゴッホ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
  5. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
  6. 高齢者の飲酒量は認知機能に関係するか? JAMA Network Open誌から
  7. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
  8. サクビトリル・バルサルタンの国内治験成績発表 学会トピック◎第23回日本心不全学会学術集会
  9. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
  10. 糖尿病領域の注目すべき最新エビデンスを吟味 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正