連載・コラム

連載: ANCA関連血管炎を知る

連載: ANCA関連血管炎を知る

連載の紹介

難治性血管炎であるANCA関連血管炎は、かつては透析導入率、死亡率がともに高い疾患でしたが、新規治療薬も開発され治療成績は改善しています。しかし、いまだに診断が遅れたり、治療に難渋する症例も 多いです。症状が多岐にわたるため、内科、皮膚科、耳鼻咽喉科などプライマリ・ケアでの適切な拾い上げが求められています。2017 年に全面改訂された診療ガイドラインを基に、ANCA関連血管炎の診療の基礎を厚労省研究班の班長を務めた有村義宏氏が解説します。

著者プロフィール

有村 義宏(吉祥寺あさひ病院[東京都武蔵野市]院長)●ありむら よしひろ氏。1978年杏林大学卒。同大第一内科助手、医局長、講師、助教授を経て、2008年に同大第一内科学教室・腎臓・リウマチ膠原病内科 教授に就任。2017年退任、現職となる。2014~17年厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班の研究代表者。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
  6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
  7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正