1. リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな 輸血によるE型肝炎の感染予防に日赤も動き出す 2017/09/19  欧州各国が輸血用製剤におけるE型肝炎ウイルス(HEV)の全数調査に動き出している。日本でも日本赤十字社が、全国でHEVの全数検査(NAT:核酸増幅検査)を開始する意向だ。HEVの年間新規感染者は約15万人と見積もられ、その多くが経口感染と考えられるが、免疫能が低下するような基礎疾患を有する場合、輸血によってE型肝炎を発症し、重篤化するリスクもある。 552748
  2. 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 学会が「推奨しない検査」はコレ! 2017/09/12 米国発の「不要な検査・治療リストキャンペーン」が世界的広がりを見せている。その背景にあるのはアウトカム(診療の成果)に加え、検査・治療に伴う有害事象やコストを減らすことで、「高価値医療」を実現しようという新しい考え方だ。 552734
  3. 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 太融寺町谷口医院(大阪市北区) 2017/09/18  「蕁麻疹の原因を知りたいからアレルギーの検査をしてほしい」「感染症の検査をしてくるよう保育園の先生に言われた」──。そんな要求を患者から突き付けられた経験がある医師は少なくないだろう。 552812
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 2017/09/19  ダーモスコピーを学習し始めると、教科書に書いてある各病変の特徴的な構造を見つけられたとき、とても嬉しいものです。患者さんに病変を見せて頂いているので言葉が適切ではないかもしれませんが、絵合わせのようです。教科書に書いてある構造を見つけたときの喜びは学習への意欲をさらにかき立ててくれます。 552828
  5. 私がナースに戻ったワケ 2017/09/18 ナースのサバイバル力ってすごい! 552503
  6. 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 島根大学医学部 2017/09/19  検査が過剰に行われる背景として、医師が診察を検査に頼り過ぎてしまう現状もある。検査結果として表れる数字や画像は異常か否かの線引きを容易にするが、目の前の患者に起きていることの説明にならない場合も多い。検査至上主義ともいわれるこの状況を改めるべく、医師として世に出る前の医学生から診察力の底上げを図るカリキュラムに取り組み出したのが島根大学医学部だ。 552814
  7. 判例解説●仙台地裁2008年8月19日判決 ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防義務なし 2017/09/19 整形外科診療所の通院患者が、ギプス固定が原因とみられる肺塞栓症で死亡しました。関連ガイドラインの公表4カ月前に起きた事例で、裁判所は当時の医療水準では医師に予防措置を取るべき義務はなかったと判断しました。 551460
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 2017/02/10 今回は女性医師とのデートにおけるコツとピットフォールをお送りします。ベースになっているのは、私の女性医師とのデート経験。そうですね…付き合っていた人以外に、n=20くらいでしょうか? 他に、女性医師にインタビューした内容も含めております。ちなみに今回の対象は、「キラキラ系女医さん」です。大まかに定義すると、裕福な家庭でお金を掛けて育てられた私立大学出身のお嬢様系医師ということでよいかと思います。もちろん当てはまらない場合もあると思いますが、その際は何とぞご容赦を。 550100
  9. 医者の離婚 Vol.2 リコンは本当に多い? 多忙、浮気、性格の不一致… 2012/10/16  年間25万組の夫婦が離婚している現代の日本。仕事が忙しく、家族と十分なコミュニケーションが取りにくい医師の家庭にとっても、離婚は決して珍しいものではない。 527075
  10. 医師3398人に聞いた「母親にCTを迫られたら」 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 2017/09/15  男児が床に頭をぶつけたが、目立った異常はない。一方、母親はCT検査を強く要望する。この状況でCTを撮るかを尋ねると、被曝リスクは説明しつつも、「母親が求めるならば仕方なく……」という回答が4割を占めた。 552819
  11. 怖い先生と研修医 2017/09/11 院内でも有名な怖いベテラン医師に対して、研修医のとったびっくりな対応とは…。 552502
  12. シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 「介護医療院○○病院」など転換時の名称を議論 社保審医療部会、医療機関から介護医療院へ転換時の名称が議題に 2017/09/19  厚生労働省は9月15日に第53回社会保障審議会医療部会を開催し、医療機関から介護医療院へ転換する時の名称の特例などについて議論した。 552847
  13. 特集◎検査の賢い減らし方《ケース4》 激しい腰の痛みを訴える44歳男性にMRI検査を行う? 2017/09/16 腰痛は「国民病」とも呼ばれ、厚生労働省の国民生活基礎調査(2010年)によればいわゆる「腰痛持ち」は2800万人いるとされている。「腰が痛い」と訴えて受診する患者も少なくない。 552808
  14. JAMA Pediatrics誌から 小児救急治療での鎮静はケタミン単独が安全 プロポフォールやフェンタニル併用よりも有害事象が少ない 2017/09/19  救急部門での鎮静処置は安全と見なされているが、重篤な有害事象(SAE)を起こし得る。カナダOttawa大学のMaala Bhatt氏らは、カナダの6カ所の小児救急部門での鎮静の実態を調べ、SAEの発生率や、SAEの危険因子について検討した。SAEはケタミンを単剤で用いた場合が最も少なく、ケタミンとプロポフォールやフェンタニルを併用するとリスクは上昇することが明らかになった。詳細は、JAMA Pediatrics誌電子版に2017年8月21日に報告された。 552824
  15. Cadetto Special「女性医師の婚活事情」◎3回参加すれば相手が見つかる? 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは 2017/09/14  男性医師の生涯未婚率2.9%に比べて、女性医師は10倍以上の35.9%。この状況に不安を覚え、病院の外に出会いを求める女性医師は少なくないだろう。そんな女性医師たちをサポートする「女医コン」を紹介しよう。 552821
  16. 特集◎検査の賢い減らし方《ケース1》 肺血栓塞栓症疑いの46歳女性に造影CTを行う? 2017/09/13  エコノミー症候群(急性肺血栓塞栓症)の重症例は死に至ることもあるため、一刻も早く診断を下し、抗凝固療法を始める必要がある。主な症状は胸痛や呼吸困難などで、この疾患に特異的なものがないため、感度・特異度が高い造影CTが急性肺血栓塞栓症診断の第一選択である。 552753
  17. 日経メディクイズ●心電図 80歳女性。意識障害 2017/09/19  大腿骨頸部骨折後、自力歩行が困難になっていた。ある年の1月、家人が帰宅したところ、発語なく反応に乏しいため当院に救急搬送された。当院到着時、血圧160/110mmHg、心拍数46回/分(不整)、呼吸数12回/分。皮膚は冷たく、体温26℃。開眼しているが発語はなく、手足も動かさない。血糖値215mg/dL。来院時の心電図を図1に示す。 552862
  18. 気胸で呼吸困難! 前胸部に穿刺できますか? 2017/09/14  先日JATECコースにインストラクターとして参加してきました。JATECは日本外傷診療研究機構が作成した外傷初期診療ガイドライン。Japan Advanced Trauma Evaluation and Care(JATEC)です。書籍としてガイドラインが発刊されているほか、毎月何回か全国各地でガイドラインに沿った診療を身体で覚えるための教育コースが開催されています。マンツーマン以上の人数のインストラクターが、手取り足取りしっかりとレクチャーするので、参加の意義は大いにあると信じています。 552788
  19. アーチストは創造的かつ個性的!? 2017/09/19  前々回、前回に引き続き、桜井クンの薬局での処方箋をチェックしています〜。「さて、この患者さんが心不全だったとしたら、何か気になるところはないかな?」「そんなー。分かってたら、もう疑義照会してるっスよ!」 552506
  20. 第3回 うなずき、相づち、おうむ返し 患者に共感を示す基本技術 2017/09/18 院内の喧騒が一段落した夕方。ある入院患者が、こっそりと病院の内科部長を訪ねてきた。 552169

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25