1. シリーズ◎どうなる新専門医制度 ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? 研修の質と地域への影響のバランスを取りつつ弾力化 2017/04/25  「地域医療を崩壊させることのないよう、一度立ち止まって集中的な精査を早急に行うべき」。2016年6月7日の異例の厚生労働大臣談話で、開始時期の1年延期が決まった新専門医制度。2018年度のリスタートに向け、日本専門医機構と基本領域の各学会は着々と準備を進めているが、地域医療への影響を懸念する声は根強く残っている。新専門医制度は1年の延期でどのような変化があったのか。現時点で明らかになっている変更点をまとめる。 551052
  2. シリーズ◎どうなる新専門医制度 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず リスタートのカギは再び厚労省の検討会に 2017/04/25  開始時期の1年延期が決まった新専門医制度。2018年度のリスタートに向け、日本専門医機構と基本領域の各学会は着々と準備を進めているが、地域医療への影響を懸念する声は根強く残っている。さらには、19領域目となる総合診療専門医の議論はまだなお流動的だ。「ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった?」に引き続き、再スタートに向けて現時点に残る課題をリポートする。 551064
  3. 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 2017/04/25 死亡診断書の死因病名が「肺炎」「誤嚥性肺炎」とされていた症例の約7割は、実際には肺炎が直接の死因ではなく、加齢性変化による衰弱などによって死亡している――。三重県立総合医療センター呼吸器内科の寺島俊和氏が、4月21〜23日に都内で開催された第57回日本呼吸器学会学術講演会で発表した。 551055
  4. 特集「医者の値段 2017」【Vol.1】勤務先からの給与 「20年目に給与1500万円」が目安? 2017/01/05  18.8%が2000万円以上──。日経メディカルOnline会員の勤務医に2015年の年収を聞いてみると、上図のごとく、さすがは医師といえる結果が返ってきた。しかし、詳細を見てみると、30歳代医師からは“ワーキングプア”を嘆く声も。若手医師・医学生にとって気になる医師の収入事情をお届けする。 549633
  5. 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開発 2017/04/25   551067
  6. 特養、老健、老人ホーム、サービス付き… 「施設」ってこんなに種類があるの!? 2017/04/25  はいっ!どーも!!施設の種類によって算定できるものが異なることに、何年経っても混乱する新井です! 550954
  7. ナースが女になる瞬間? 2017/04/24 日頃お疲れ気味の看護師達も、女になる瞬間があります。 550322
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 2017/04/25  こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。4月も下旬となり、桜前線は東北を過ぎ去ろうとしています。皆様の職場には、新しいメンバーが入ってきたことと思います。私のいる病院にも、多数の研修医、新人ナースが入ってきました。私は普段から業務の20%ほどを若手医師の指導に当てていますが、4月はその比率を大幅アップし、40%くらいとしています。これをお読みのみなさんも、4月と5月くらいは「新人指導」が仕事のかなりのウエートを占める、という人が多いのではないでしょうか。 551009
  9. バリュー投資家医が伝授! 医学書を安く買う方法・高く売る方法 2017/04/20 医学書は高いです。1ページ単価が20〜30円くらいなので、専門性の高い本だと200ページで6000円くらいすることもあります。少年ジャンプなんて400ページで200円台ですよ。何なんだこの差は……。いや、医学書の需要が少ないことが理由なのは分かっています。分かっちゃいるけど、やるせない。 550921
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 2017/04/24  今回ご紹介するのは、内科系の無床診療所で生じた勤務体制を巡るトラブルだ。同医院では当時、事務職員は常勤1人とパート4人、看護師はパート4人で運営していた。事務は午前3〜4人、午後3人体制で、看護師は午前・午後とも2人体制としていた。 550917
  11. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 2017/04/21 25歳の女性が腹痛と下痢で来ています。連休にバーベキューに参加した際、肉を生焼けで食べたかもしれないとのことです。3日後から38℃超の発熱と腹痛、1日5回程度の水様便が出たとのことです。発症当日に救急外来を受診し補液で帰宅しています。さすがA先生、便培養も出しておいてくれました。/感染性腸炎後に過敏性腸症候群(IBS)になる「感染性腸炎後IBS(PI-IBS)」 550945
  12. シリーズ◎どうなる新専門医制度 先行導入の小児科学会、今年度の専攻医は増加 募集総数は1135人に対し、採用数は528人 2017/04/24  1年延期となって2018年4月にスタート予定の新専門医制度だが、基本領域の幾つかの学会は新制度向けに整備した研修プログラムを今年4月から前倒しで走らせている。日本小児科学会もその1つで、4月13〜15日に開催した第120回日本小児科学会学術集会で2017年度の専攻医採用結果を発表し、小児科専門医を目指す研修医が増えたことを明らかにした。 551026
  13. 総合内科BASICドリル★総合内科偏差値60レベル★ 8歳男児。主訴:血尿の精査 2017/04/24 主訴:血尿の精査。 550964
  14. 財務省の薬価制度の改革資料に驚き 2017/04/25  財務省の財政制度等審議会財政制度分科会が4月20日に開催され、その資料がウェブサイト上で公開されています。既にご覧になった方も多いのではないかと思います。 551066
  15. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 2017/04/20  ケアマネジャー(介護支援専門員)が仕事を行う上で苦労するのが、医療機関との連携。今回は、在宅医療を担う開業医と急性期病院の医師の間に立ち、苦悩するケアマネジャーの話を紹介します。 550979
  16. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 2017/02/10 今回は女性医師とのデートにおけるコツとピットフォールをお送りします。ベースになっているのは、私の女性医師とのデート経験。そうですね…付き合っていた人以外に、n=20くらいでしょうか? 他に、女性医師にインタビューした内容も含めております。ちなみに今回の対象は、「キラキラ系女医さん」です。大まかに定義すると、裕福な家庭でお金を掛けて育てられた私立大学出身のお嬢様系医師ということでよいかと思います。もちろん当てはまらない場合もあると思いますが、その際は何とぞご容赦を。 550100
  17. 費用負担と用地確保がネックに 新潟薬科大学、薬学部新設計画を見直し 2017/04/25  新潟薬科大学を運営する学校法人新潟科学技術学園は、2019年4月の開設を目指していた長野薬学部(仮称)の設置計画を見直す。費用負担と用地確保がネックとなり、計画の再検討を迫られているためで、17年4月24日と5月26日の理事会で議論する予定だ。 551068
  18. BMJ誌から 早産へのステロイド投与が新生児死亡率を減少 米国のNICU300施設で妊娠23〜34週出産のデータを解析 2017/04/25  ガイドラインは早期産になりそうな妊婦に対するステロイド投与を推奨しているが、妊娠30週以前の早期産はサンプル数が少なく、ステロイド投与のエビデンスが明確ではなかった。米Alabama大学Birmingham校のColm P Travers氏らは、ステロイドが新生児の院内死亡率や合併症リスクを減少させるかどうかを確認するため、前向きコホート研究を実施した。結果は、23〜34週で早期産となる可能性がある女性に対するステロイド投与を支持した。詳細は、BMJ誌電子版に2017年3月28日に掲載された。 551063
  19. 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 2017/04/22  厚生労働省は4月20日、医療従事者の需給に関する検討会ならびに医師需給分科会の合同会議を開催し、5月以降、具体的な医師偏在対策を集中的に議論する方針を表明した。法改正を伴わない対策については、2018年度からスタートする第7次医療計画に反映させ、法改正が必要な対策については早期の法案提出を目指す。 551049
  20. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 2017/01/12 いつも楽しく読ませていただいています。ずっと病院勤務をしてきました。研修医のころに先輩から、「医師は労働者じゃないから、労働基準法は適用されない。 だから、勤務時間の制限はない」と言われました。その後、3連直や4連直をして、 翌日もずっと働くというような勤務をしていた時期もあります。 同期や先輩に病気になった人も結構いて、あんな働き方は無茶じゃないかと思いますし、 最近では医師の当直勤務の不払いなども問題になっているようです。 有給休暇も一般のサラリーマンよりずっと少ないようです。医師というのはやはり法律の外で働いているものなのでしょうか。 (ペンネーム 40代女性) 549751

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1