1. 2019年に絶対見るべき美女たち(3) ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 作家・ドイツ文学者の中野京子氏と読み解く 2019/02/16  19世紀末、ヨーロッパに広がった象徴主義。神秘的な夢や神話の世界を描いて自己の内面を表現した彼らの怖くも魅力的な美女たちも来日する。 559212
  2. 小児腹部エコー 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 2019/02/05  前項では冬季に流行するウイルス性胃腸炎のエコー所見の特徴について述べた。この項では、細菌性腸炎のエコー所見の特徴やエコー検査実施の際の注意点を解説する。 559405
  3. 日本医師会が医療政策シンポジウムを開催 医師偏在対策、都道府県の重過ぎる役割に懸念 2019/02/15  日本医師会は2月13日、医師の地域偏在をテーマに医療政策シンポジウム2019を開催した。登壇した聖路加国際大学学長の福井次矢氏は、国が策定を進めている医師偏在対策の大部分が都道府県に委ねられていることに対して懸念を示した。 559826
  4. 「思いもよらない転職」でキャリアが開けた話 2019/02/15 私の好きな、ある日本のスポーツ選手がかつて、「先が分かっていたら、もうその道を行く必要がない」と言って、海外のチームへ移籍しました。慣れた日本のチームでプレーをしていれば、安定した地位と収入が得られるのに、あえて環境を変えることを選んだのです。「思ってもみないことが起きるからこそ、生きることは面白いのだ」。彼はきっとそう考えていたのでしょう。そして今回のご相談者、40代後半のベテラン看護師Gさんも、「思っていたのと違う」日々を過ごしていました。 559800
  5. よりぬきメディクイズ●皮膚◎2015年4月号掲載 62歳男性。左足底の紅色結節 2019/02/15 『日経メディカル』2015年4月号に掲載された皮膚のクイズです。患者は62歳の男性。およそ1カ月前、左足底に赤い盛り上がりができていることに気づきました。初診時には、16×17mmの、表面にびらんを伴う紅色結節が見られました。 559810
  6. 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 2019/02/13FBシェア数:1638  2015年に学術大会のランチョンセミナーを廃止した日本プライマリ・ケア連合学会。スポンサーからの収入に頼らずにやりたいことができる学会づくりを目指し、運営面を徹底的に見直してきた。 2015年6月に茨城県つくば市で行われた第6回「日本プライマリ・ケア連合学会学術大会」。この大会以降、日本プライマリ・ケア連合学会は、年1回開催している学術大会で製薬会社などが協賛するランチョンセミナーを行っていない。 559776
  7. 日経メディクイズ●皮膚 62歳男性。左足底の紅色結節 2015/03/16 約1カ月前に左足底の赤い盛り上がりを自覚した。初診時には16×17mmの表面にびらんを伴う紅色結節が見られた。 541215
  8. シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらいで足りる 日本病院会会長・相澤孝夫氏に聞く 2019/02/15  わが国では今後、75歳以上高齢者の急増と現役世代の急減という二つの大きな問題に直面する。人口構造の変化に伴い、医療需要も大きく変わることが見込まれる中、医療機関にはどのような対応が求められるか。日本病院会会長で、相澤病院(長野県松本市)などを運営する社会医療法人財団慈泉会理事長・最高経営責任者の相澤孝夫氏に聞いた。 559808
  9. 外用抗真菌薬◇第3回調査 外用抗真菌薬:ルリコナゾールが初ランクイン 1位はラミシール、2位はニゾラール、3位はルリコン、ルコナック 2019/02/16  日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、外用抗真菌薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、38.8%の医師がテルビナフィン塩酸塩(商品名ラミシール他)と回答した。 第2位のケトコナゾール(ニゾラール他)は12.6%、第3位のルリコナゾール(ルリコン、ルコナック)は9.0%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。 図には示していないが、第4位はビホナゾール(マイコスポール他)で6.4%、第5位はラノコナゾール(アスタット他)で6.3%、第6位はクロトリマゾール(エンペシド他)で5.6%、第7位はエフィナコナゾール(クレナフィン)で4.7%、第8位はミコナゾール硝酸塩(フロリード他)で4.6%、第9位は 559842
  10. シリーズ◎医師の働き方改革 「無給医は必要悪」では済まされない 東京大学医学部医学系研究科国際保健政策学教授の渋谷健司氏 2019/02/14  医師の働き方改革のあり方を巡っては、2019年3月末に時間外労働の上限時間が決まるなど結論が出る予定だ。「医師の働き方改革に関する検討会」で副座長を務める東京大学医学部医学系研究科国際保健政策学教授の渋谷健司氏に、今後の議論のあり方について話を聞いた。 559787
  11. 呼吸器内科医が検査でよく目にする“メレンゲ” 2019/02/15  当院では、気管支肺胞洗浄(bronchoalveolar lavage:BAL)を行う際、よく粘液様物質などを除去するために、回収した液体を滅菌ガーゼの上で濾過しています。医療機関によって違いはあるでしょうが、こうした方法で濾過している施設が大半だと思います。ちなみに、ガーゼに細胞が付着してしまうため、解析の目的によっては、この形で濾過を行わない方がよいことがあります。 559513
  12. 救急医に必要な2つの判断能力 2019/02/14  我々はよく「蘇生」という単語を使います。蘇生とは何を指すのでしょうか。一般的には一度死亡した、あるいはそれに類する状態になった人間が再び生命を取り戻すことを指すのではないかと思います。特に、死亡した者が生命を取り戻すことを「復活」、「黄泉がえり」などと呼んでいます。 559779
  13. 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 2019/02/07  新専門医制度が始まり、医師のキャリア形成の仕組みが変わる中、学びの場を提供してきた医学会の足元が揺らいでいる。製薬会社からのスポンサー費用が減っていることがその背景にある。 2017年、九州地方のある研究会。世話人の医師らが集まる場で、製薬会社の担当者はこう告げた。「来年の研究会を最後に、スポンサーを降りさせてもらうかもしれない」。この研究会の創設は約30年前。 559721
  14. 意外と低く、将来減る「勤務医の手取り年収」 2019/02/08  皆さんは「年収はいくらですか?」と聞かれたときに、どう答えるでしょうか。「1300万円だ」「いやいや2000万円だ」と言うかもしれませんが、それって額面年収ですか? 手取り年収ですか? 559518
  15. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト(後編) 2019/02/15  もう一度妻に電話をして、どうしても本人が今日外出すると言っていることを伝えた。 559629
  16. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 4月から5年間は新旧記載要領の添付文書が混在 2019/02/15  厚生労働省は2019年2月5日、「医薬品・医療機器等安全性情報No.360」を公表し、19年4月からスタートする添付文書記載要領改正の実例を紹介した。 559806
  17. 小児腹部エコー たかが便秘と侮るなかれ! 2019/02/15  前項まで小児急性腹症の原因疾患として最もありふれたウイルス性胃腸炎、細菌性腸炎のエコー所見を解説してきたが、この項では急性・慢性腹痛の原因として最も多い便秘について述べる。便秘に特徴的なエコー所見も知っておくと、日常診療に幅と奥行きが出てくるのではないかと思う。 559470
  18. 2018診療報酬改定で評価拡充、収入アップも 外部の歯科と連携したら在院日数が大幅短縮! 2019/02/15 高齢化を背景に、病院や介護施設にとって歯科との連携がますます重要になっています。外部の歯科医療機関から専門的な口腔ケアを受ければ、患者の入院期間の短縮や入所者の肺炎予防にもつながります。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、2月号の特集「医科・歯科・介護連携 始めるなら今!」で、歯科医療機関との連携により、入院患者や入所者に質の高い口腔ケアを提供している先進的な病院・介護施設を紹介しました。 559778
  19. 吸入指導の思わぬ伏兵(6) 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? 2019/02/15 喘息やCOPD治療において喫煙は大敵で、薬剤治療の効果を損ねるのみならず、病状の悪化をしばしば認めます。 559738
  20. 第6回 抗凝固療法のリスクコントロール 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? 2019/01/16 研修医 前回の振り返りの中で、先生が「薬剤の使い分けよりも大切なことがある」とおっしゃっていたのが、ずっと気になっていました。指導医 抗凝固薬を使いこなすためのポイントについてディスカッションしていたよね。研修医 4種類ある非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の使い分けや、注意すべき併用薬よりも大事なことがあるという話でしたが……。 559293

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  2. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  3. 医師偏在対策、都道府県の重過ぎる役割に懸念 日本医師会が医療政策シンポジウムを開催 FBシェア数:0
  4. 「思いもよらない転職」でキャリアが開けた話 キャリアお悩み相談室 FBシェア数:14
  5. 62歳男性。左足底の紅色結節 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:12
  6. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1638
  7. 62歳男性。左足底の紅色結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  8. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:142
  9. 外用抗真菌薬:ルリコナゾールが初ランクイン NMO処方サーベイ FBシェア数:7
  10. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:317
医師と医学研究者におすすめの英文校正