2014年11月号 目次

特集

アレルギー診療の新常識

この数年でアレルギー診療の常識は大きく塗り替わった。花粉症の根治を目指せる新薬が登場、食物アレルギーの除去食指導は見直しが始まっている。国民の半数がアレルギー疾患を抱える今、知っておきたい最新の治療法を紹介する。

特集

小外科スキルは離島に学べ!

リポート

発熱患者がエボラ出血熱だったら

SGLT2阻害薬の適正使用で再勧告

進化するMRI、手術台まで空中移動

キーパーソンインタビュー

斎藤博久氏
(国立成育医療研究センター副研究所長)

アレルギー科標榜の多くが非専門医 学会を総合アレルギー医養成の場に

トピックス

医師臨床研修マッチングの最終結果が公表 ほか

人事ウラオモテ

日本高血圧学会の理事長が交代
他の理事居座りで改革実行に疑問符

話題の新薬

スボレキサント、メトロニダゾール

私の処方

高リン血症を伴うCKDへの処方

花房規男氏(東京大学腎疾患総合医療学講座特任准教授)

カンファで学ぶ臨床推論

81歳男性。著しい血圧上昇、動悸、呼吸困難

(名古屋第二赤十字病院症例カンファレンス)

日常診療FAQ

呼吸器感染症

山口禎夫氏(国立病院機構栃木医療センター)

坂田 宏氏(JA 北海道厚生連旭川厚生病院)

今さら聞けない「画像診断のキホン」

【頭部CT 編】MRIと比較したCTの利点と欠点

柴田 靖(筑波大学水戸地域医療教育センター脳神経外科)

日経メディクイズ

初期診療/心電図/胸部X 線/皮膚/救急/小児

感染症情報

RSウイルス感染症、今年は少なめ

判例に学ぶ医療トラブル回避術

腰椎手術後に低酸素脳症
執刀医と麻酔医の過失認定

平井利明(弁護士)

私の書棚

ねころんで読める「納得」の医学書

岩田健太郎

医師1000人に聞く

花粉症の新治療に8割が期待

コラム 今のままでいいんですか?

部下を伸ばす「3塁コーチ型」上司

裴 英洙

コラム 氾濫する思考停止のワナ

イレッサ、福島、そしてエボラ

池田正行