日経メディカル Onlineについて

「日経メディカル Online」では、会員の皆様にご利用いただくうえでのルールを「日経メディカル Online利用規約」としてまとめております。以下はそのダイジェストとなります。なお利用規約の全文はからご覧いただけます。

会員登録制について

日経メディカル Onlineは、医師、薬剤師、看護師、医学生、その他の医療・医薬関係者を対象とした会員登録制(無料)のサイトです。医療・医薬関係に該当しない職種の方の会員登録は原則としてご遠慮いただいています。

日経メディカル Onlineでは、会員の皆様により適切な情報をお届けするため、会員登録時に皆様の勤務先やご専門、医療資格等の情報をご登録いただいています。虚偽の情報をご登録された場合は、退会をお願いすることがありますのでご了承ください。また転職・転勤等でご登録の情報に変更があった場合はすみやかにご登録情報の変更をお願いしています(→登録情報の変更はこちら)。なお、同一人物が複数のIDを取得又は利用して本サービスを利用することはできません。

医師会員について

医師として会員登録を行った方が日本における医師免許証を有することを確認できた場合、「医師会員」とさせていただきます(海外における医師免許のみ有する場合は、個別に対応させていただきます)。なお歯科医師、獣医師はこれに含みません。

医師会員には「本登録」「仮登録」があり、会員登録された勤務先における在籍確認ができなかった場合は、在籍確認ができるまでは仮登録になります。仮登録の医師会員は医師会員限定サービスの一部が利用できません。医師であることを確認できなかった場合、医師であることを確認するために問い合わせをさせていただくことがあります。

大部分のコンテンツは、会員登録することでご覧いただけますが、一部のコンテンツは医師会員のみ閲覧できます。これらは、日本の医師免許によって保証された医学知識および当該資格に課せられた関連法令の遵守義務が、情報の正確な理解、活用、議論の前提となっており、日本の医師以外の方の閲覧、情報の利用等が不適当であると日経BPが判断したものです。ご理解の上、ご利用ください。なお、日経メディカル Onlineで提供されるコンテンツおよび会員による投稿は、医学・医療情報の提供を目的としているものであり、それらを診療行為またはそれに準ずる行為として利用することはできません。また会員は医師および医療関係者に限定していますが、会員による医療情報の投稿について、医師および医療関係者によるものであることを日経メディカル Onlineが保証するものではないことをご了承ください。

ご利用可能なコンテンツ
  • 医師の登録会員:すべてのコンテンツ
  • 医療関係者の登録会員:「日経メディクイズ」などの医師限定記事を除く、大半のコンテンツ

個人情報の取り扱いについて

日経メディカル Onlineは、会員の方の登録情報および本サービスの利用にあたり日経メディカル Onlineが取得した会員に関する情報を、日経BPの「個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用について」に従って取り扱います。また、個人を特定しない属性・統計情報に基づく日経メディカル Onlineのサイト閲覧情報を統計的に集計処理した形で、利用者に対して事前許可を得ることなく第三者に提供することがあります。

電子メールの配信について

ご登録いただいた会員の方には、おすすめ記事をまとめた「日経メディカル Onlineメール」を定期的にお届けするほか、ホットなニュースや有益な医療情報、アンケートやWeb講演会等のお知らせをタイムリーにお届けするため臨時増刊のメールも配信しております。また若手医師や医学生、薬剤師、看護師など、ご登録の情報に基づいたメールをお届けします。

ご登録いただいたメールアドレスには日経メディカル Onlineからの重要なお知らせやポイント進呈キャンペーン等のご案内もお送りしますので、メールアドレスの変更があった場合はすみやかにご登録の変更をお願いします(→登録情報の変更はこちら)。

コメント、会員による投稿について

「日経メディカルブログ」など一部のコンテンツには、読者の皆さまからの投稿を受け付けるコメント機能がございます。お寄せいただいたコメントにつきましては、編集部で内容を確認させていただいた上で公開させていただきます。なお、特定個人への誹謗中傷に該当する、記事内容との関連があまりに薄い、書かれている内容が事実と異なる、不適切な表現が含まれている─といった場合につきましては、公開を見送らせていただいたり、表現を一部変更させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。

会員の皆様による投稿コンテンツの著作権は当該会員その他既存の権利者にあります。ただし日経メディカル Onlineでは、追加の対価の支払いなく、会員が投稿した情報を当社が発行する刊行物、本誌縮刷版(CD/DVD等)、本誌記事データベース、日経BPが運営または提携するサイトやサービスへ再利用することがあります。提携先はグループ企業のほか、日経BPと契約した第三者の企業または団体を含みます。なお、読者を当該記事へ誘導するために、タイトル、サマリ、記事の抜粋を社内外のサイトや、日経BPのメールマガジンなどに掲出することがあります。二次使用の詳細は当社Webサイトに定める通りとさせていただきます。

「ポイント」「Experience」について

日経メディカル Onlineでは、(1)特定のコンテンツの閲覧、(2)調査・情報登録へのご回答、(3)Web講演会へのお申込み、(4)日経メディカル Onlineにおける会員の皆様のアクセス状況、等に応じてポイント(pt)およびExperience(Exp)を付与させていただいています(ポイント/Experienceには有効期限があります)。ポイントが500ポイント以上貯まると、Amazonギフト券、全国共通ギフト券などと交換できます(1ポイントは1円相当)。またExperienceを一定数獲得するとポイントが自動的に付与されます。
※各案件に対するポイント/Exp付与の有無は日経メディカル Onlineの判断によるものであり、コンテンツ提供会社、調査実施会社等によるものではありません。
→ポイント履歴の確認・ポイント交換はこちら

日経メディカル Onlineを退会した場合、現在保持するポイントは無効になります。また現在保持するExperienceも無効になります。なお上記サービスは日経メディカル Onlineの都合で予告なく中止することがあります。その場合、会員が保有するポイントおよびExperienceは消滅します。

調査、アンケートについて

日経メディカル Onlineでは会員の皆様を対象とした調査を随時行っており、ご回答いただいた皆様には謝礼を進呈させていただいています。調査等のご案内は、会員登録の際に登録いただいた情報を基づき、条件に合致する方にメールでお送りします。メールアドレスの変更等により日経メディカル Onlineからのメールマガジンが届いていない方には調査のご案内もお送りできません。メールマガジンが届いていない方は、お問い合わせフォームより配信希望の旨をご連絡ください。

調査は日経メディカル Onlineが主体となって行うものと、国内・海外の企業から委託を受けて日経メディカル Online会員に対して行うものがあります。日経メディカル Onlineおよび調査の実施を依頼した企業は、会員の皆様にご回答いただいたすべての情報に関する著作権を有し、回答情報を任意に選択・編集・匿名化したうえで、会員の皆様の承諾なしで利用・第三者提供させていただくことがあります。

調査回答に対する謝礼は、回答完了時または調査終了後一定期間内に付与させていただきます。なお、ご回答いただいた内容が虚偽の情報であったり、回答に要した時間が著しく短い、回答内容が明らかにおかしい、といった場合は謝礼がお支払いできなかったり、以降の調査依頼を停止させていただくことがありますのでご了承ください。

日経メディカル Online サイト運営

発行人
  • 原田衛
編集長
  • 田島健

日経メディカル Online スタッフ一覧

編集
  • 副編集長◎内山郁子/ 吉良伸一郎/ 小板橋律子/ 加藤勇治/ 山崎大作
  • 記者◎江本哲朗/ 増谷彩/ 伊藤瑳恵/ 安藤亮/ 中西亜美
  • 編集委員◎三和護/ 横山勇生
  • シニアエディター◎高志昌宏/ 平田尚弘/ 関本克宏
編成
  • 部長◎真島馨
  • 次長◎坂口裕一/ 吉村馨太
  • 大用昌之/ 谷井章宏
広告
  • 部長◎伊藤忍
  • 担当部長◎水野稔
  • 次長◎佃邦昭/ 山本洋右/ 笹川薫/ 滝沢貴士
  • 上田修一郎/ 宇野哲郎/ 佐藤健/ 中嶋信矢
販売
  • 部長◎福島正大
  • 次長◎浜井崇
  • 市川善章/ 高橋洋二

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 新人ナースの友情 病院珍百景
  3. 気管支鏡後に胸部X線写真は全例撮影すべき? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  4. 癌の遺伝子パネル検査って、保険で行う臨床研究です… 記者の眼
  5. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか(訂正あ… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 放射性ヨウ素内用療法は癌死亡を増やすか? JAMA Intern Med誌から
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 訪日外国人受け入れる医療機関リストを公表 厚労省と観光庁が連携
  9. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. 下口唇の腫脹、どうマネージメントする? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正