アクセス履歴の利用について

日経BP社の各サイトおよび一部の提携サイトでは、Cookieなどでアクセス履歴を収集し、サービスの提供に利用しております。その際に、第三者企業が提供するサービスも一部利用しております。
→日経BP社や第三者企業のプライバシー/セキュリティ・ポリシーなどに関してはこちらをご覧ください。

例えば、Webサイトやメールマガジンに掲載される広告には、一部、第三者企業の広告配信サーバーを利用しているものがあります。それら第三者の企業は、より効率的に広告を配信するため、広告効果を測定するため、またアクセス状況の計測のため、クッキー・Webビーコンを使用することがあります。これらのシステムにおいても、事前調査の上、すべての日経BP社の使用基準を守っていることを確認しています。

「Krux DMP」の利用について

1.広告・情報配信サービスに関連するクッキーについて
日経BP社の運営するWebサイト「日経メディカル Online」では、Krux Digitalのデータマネージメントプラットフォーム「Krux DMP」を活用し、同社のクッキーにより閲覧履歴を収集、蓄積しています。取得した閲覧履歴は、Krux DMPの日経BP社と日本経済新聞社が共同で保管する領域に保存します。日経BP社は、これらの閲覧履歴を、閲覧状況の計測や分析、広告効果の測定、効率的な広告配信に使用します。これらの閲覧履歴は、日経BP社(および日経BPグループ)と日本経済新聞社以外が利用することはありません。また、クッキーを使って収集する情報に、個人を特定・識別するための情報は含まれていません。

2.オプトアウトについて
この機能を利用したくない場合には、クッキーのオプトアウトを行うことで、閲覧履歴を使った広告配信などを停止することができます。一方、オプトアウトすることで、同じ広告が何度も表示されることがあります。Krux DMPのクッキー利用ポリシーとオプトアウトについては、こちらをご覧下さい。

「クリテオ(Criteo)」の利用について

日経メディカル Onlineは、「クリテオ」を導入しています。一部のページについて、閲覧履歴が「クリテオ」に送信され、他の特定のサイトを訪問した際、「クリテオ」がこの閲覧履歴に基づいて広告を表示します。

「クリテオ」のオプトアウトについては、下記の「Cookie機能の停止(オプトアウト)について」のページをご覧ください。「クリテオ」の項目より、オプトアウトについての情報をご確認いただけます。
→「クリテオ」の詳細はこちらをご覧ください。

「Facebookピクセル」の利用について

日経メディカル Onlineは、Facebook, Inc.が運営する「Facebookピクセル」を導入しています。閲覧履歴がFacebookに送信され、この閲覧履歴に基づいてFacebookユーザーに対しFacebookアプリケーション内に広告を表示します。

Facebook広告のオプトアウトについては、Facebook アカウント内にて設定することができます。Facebook広告に関する詳細は、こちらをご覧ください。

Cookie機能の停止(オプトアウト)について

利用者の皆さまはご自身の責任において、Cookieの機能を停止することができます。ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったとき警告を表示させたりできます。クッキー機能の停止に関する情報はこちらをご覧ください。

その他、「個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用」についてはこちらをご覧ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正