日経メディカルのロゴ画像

2006.06.24

専門展「サプリ&機能性食品2006」から 名古屋大学大学院教授の大澤俊彦氏が専門フォーラムで講演 植物由来の抗酸化・解毒成分のエビデンスを紹介

 展示会3日目の午前中に開催された専門フォーラムでは、名古屋大学大学院生命農学研究科教授の大澤俊彦氏が講演を行った。大澤氏のテーマは、「植物素材による解毒と抗酸化」。

 まず、大澤氏は、重金属をキレートし排出を促すような解毒ルートだけでなく、肝臓のグルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)などの解毒酵素による“毒を消す”解毒ルートが体内で重要だと述べた。
 
 ポリフェノールの配糖体などの植物性成分には、この解毒酵素を強く誘導するものが多いと指摘した。「ゴマ由来のセサミノール配糖体」、「ウコン由来のクルクミン」、「アブラナ科野菜抽出物」、「パパイヤ、アボガド、かんきつ類、リンゴなどの果実」などによるGST活性化データを示した。

 また、「老化、生活習慣病、炎症などを防ぐために、活性酸素やフリーラジカルを消去する体内のレドックス系を維持することが重要だ」とし、「水溶性および脂溶性の抗酸化物質、抗酸化ビタミンなどを、複数摂取してレドックス系を維持することが重要だ」と話した。

 レドックス系を維持するためのヒントとして、大澤氏が挙げた興味深いデータが、食事内容の変化による尿中に排出される遺伝子酸化分解物8-OHdGの比較。被験者は1人のみだが、同じカロリーで「肉や乳製品中心の食事」から、「野菜・果物中心の食事」へと食事内容を変えた場合に8-OHdG量が3分の1に減ったという結果を示した。

 大澤氏は、これらのデータから、「解毒・抗酸化ともに、野菜や果実などの植物性成分に注目したい」と強調した。今後、食事やサプリメントで植物性の有効成分の摂取が推奨されていきそうだ。(藤井省吾、日経ヘルス)