2006.06.18

専門展「サプリ&機能性食品2006」から 渡辺オイスター研究所、牡蠣に含まれるミネラルの有効性を発表

「サプリ&機能性食品2006」の初日、6月15日に行われたオープンシアターでのプレゼンテーションで、国産天然生牡蠣由来のサプリメントを開発する渡辺オイスター研究所(本社:東京都八王子市)が牡蠣に含まれるミネラルの抗酸化作用を発表した。
 
 同社が北京大学病院・国内医療機関との共同研究で確認したところによると、牡蠣から抽出したセレンや亜鉛といったミネラルを含むサプリメントが、動脈硬化を引き起こす原因となるLDLコレステロールや活性酸素を減少させる効果があったという。

 牡蠣抽出成分の活性酸素の除去・減少作用は、糖尿病患者にも有効であるという。糖尿病患者では、カロリー制限によって、食事からのミネラルが不足しがちなうえ、ミネラルの尿中排泄量も多い。ミネラル不足により、活性酸素が除去されにくくなり、それによって引き起こされる血管の細胞障害が、糖尿病の合併症を引き起こす要因となるからだという。(日経ヘルス、清水由貴子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  2. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  3. なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか 大阪市総合医療センター緩和ケアセンター長の多田羅竜平氏に聞く
  4. 経口可能なGLP1作動薬、心血管リスク増加せず 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  5. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  6. 教師も外科医も実践する「責任のシェア」とは 記者の眼
  7. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  8. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  9. 過去とは状況が異なる現在のエボラ大流行 コンゴのシニア・メディカル・アドバイザー、カシンスキー・リチャード氏に聞く
  10. 人体の神秘? こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正