日経メディカルのロゴ画像

2006.06.15

健康市場を切り拓く専門展「サプリ&機能性食品2006」 本日より3日間開催−−60社が出展、44の講演

 サプリメントなどの健康素材の専門展「サプリ&機能性食品2006」が本日6月15日から3日間、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で開催される。「エビデンスで健康市場を切り拓く」をモットーに日経BPが主催する。

 展示ブースには、市販サプリメントのメーカー、サプリメントの原体メーカーのほか、サプリメントの臨床試験を受託する会社など、60社が出展する。各出展ブースには、展示する製品や素材についての「エビデンス・パネル」と呼ばれる表示がつけられるのがユニークな点だ。このエビデンス・パネルには、論文掲載誌、学会発表の状況、トクホや栄養機能食品かなどの情報がマークで盛り込まれる。これにより、展示品のエビデンスの高さが一目でわかる。

 また、フォーラム会場では、京都府立医科大学大学院教授の吉川敏一氏と、独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長の渡邊昌氏による2題の基調講演をはじめとして、専門講演8セッションが開かれる。さらに展示ブース横には、オープンシアターが設けられ、展示各社による34題の講演が行われる。これらのセッションを併せて講演数は44題。とりわけ、今後のサプリメントの主力になると想定される植物由来素材について、最新情報を開示する講演が多く設けられている。 

 講演スケジュール、講演タイトルの詳細はこちらの公式サイトからどうぞ(http://expo.nikkeibp.co.jp/sup/)(藤井省吾、日経ヘルス)