2006.06.09

乳酸菌で歯周病を予防するタブレット、ライオンとフレンテが共同開発 7月から歯科医院を通じて販売、トクホ申請も検討

 ライオンとフレンテ・インターナショナル(東京・板橋、小池孝社長)は、乳酸菌LS1を配合したタブレット「DENT.(デント)システマ・オーラルヘルスタブレット」を7月3日に発売する。販路は歯科医院に限定される。

 乳酸菌株LS1は歯周病と虫歯の予防に役立つと期待されている。LS1が歯周病菌を殺菌する効果を持ち、同時にほかの乳酸菌と違って、酸を作り過ぎないため、虫歯の原因菌も増やしにくいためだ。LS1は東海大学医学部教授の古賀泰裕氏の研究チームが善玉菌を有効利用する「プロバイオティクス」の考え方を口腔内の疾患の予防にも役立てようという狙いで確立したもの。

 LS1をタブレット化する技術と特許はフレンテ・インターナショナルが持っている。すでに同社は「クリッシュ」という製品を2002年6月から通信販売で一般消費者に販売している。今回発売されるDENT.システマ・オーラルヘルスタブレットは、クリッシュと比べてLS1をより多く配合した製品だ。製造はフレンテ・インターナショナルが、販売はライオンが担当する。

 「歯科医師にLS1についてもっと理解してもらい、LS1の有効性データを確認し、特定保健用食品として申請したい」とフレンテ・インターナショナルでは説明している。価格は60g(90粒)入りで2000円。(大屋奈緒子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  2. 胸痛だがECGは正常。上行大動脈の拡張が原因? AntaaQAピックアップ
  3. 「電子お薬手帳は非常に厄介な存在」 トレンド(DIオンライン)
  4. DNR患者の救急搬送を要請されたら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  5. 消費税増税に向けて政府が残した「抜け道」 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 1日1回のアメナリーフはまだシェア10%止まり NMO処方サーベイ
  7. 脳出血患者の抗血小板薬使用は再開できる Lancet誌から
  8. 厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所 詳説◎改訂高血圧治療ガイドライン(JSH2019)《前編》
  9. 大阪薬科大、大阪医科大と2021年に統合へ トレンド(DIオンライン)
  10. 睡眠が動脈硬化を予防する 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正