日経メディカルのロゴ画像

2006.06.02

日本ロレアル、ナノ化技術をヘアケアにも応用 ナノカプセル利用のヘアケア商品を発売

 日本ロレアル(本社:東京都新宿区)は、頭皮ケア用のシャンプーとトリートメント、ローションを5月1日に発売した。中でも、ローションはナノカプセル技術を利用した初のヘアケア用品。

 3品それぞれに、血行を促進させる働きがあるナイアシンアミドと、保湿成分のポリソルベトール誘導体を配合してあり、使用するときに頭皮マッサージを行うことで、頭皮を活性化する効果が期待できるという。

 ローションにはナノカプセルに閉じ込めたホホバオイルやアボカドオイルなども配合し、頭皮の深部に潤い成分を届きやすくした。成分のナノ化は、同社が化粧品などに使っている技術で、ヘアケア商品に導入されたのは初めて。

 このローションを夜寝る前につけてマッサージをすることで、寝ている間に有効成分が浸透し、頭皮の細胞活性がより高まるという。また、夜寝る前以外でも、気づいたときに乾いた髪の頭皮にいつでもつけられる。ストレスを和らげるよう、リラックス効果のあるゼラニウムと苔の香りを付けた。
 
 同社が750人を対象にした調査によると「頭皮に悩みを感じている」という人は53.1%。ヘアサロンで頭皮ケアをしてもらう"ヘッドスパ"を利用してみたいと考える人も近年大幅に増えるなど、「頭皮の健康への関心が高まっているようだ」と同社広報部。

 商品名と価格は以下の通り。シャンプー「センスバランス シャンプー」(250mL、1680円)、頭皮と髪のトリートメント「センスバランス ニュートリ マッサージ」(250g、2625円)、頭皮用ローション「センスバランス バイタル エッセンス」(125mL、3675円)(清水由貴子、日経ヘルス)。