2006.06.02

黒豆由来のアントシアニンが脂肪蓄積を抑える 高脂肪食ラット1カ月の試験で、脂肪増加を抑制

 黒豆の皮に含まれる黒いポリフェノール、アントシアニンにお腹まわりの脂肪の蓄積を抑える効果があることがわかった。また、コレステロールの排出を促す作用も確認された。フジッコと静岡県立大学の共同研究で、このほど開催された第60回日本・栄養食糧学会大会で報告された。

 脂肪分が30%を占める高脂肪食を1カ月ラットに与えると、腹部の脂肪量は4割も増加する。ところが、この高脂肪食にアントシアニンを1日に体重1kg当たり5mg加えて飼育したラットでは、腹部脂肪量の増加は約1.5割に抑えられた。

 肝臓に蓄積される脂肪の量にも大きな差が出た。また血液中のコレステロール値が有意に下がり、中性脂肪値も減る傾向があった。

 黒豆のポリフェノール、アントシアニンはこれまで血液サラサラ効果などが実証されている。脂肪の蓄積を抑えたというこのデータから、今後はダイエット成分としても注目されそうだ。(八倉巻尚子、ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  2. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  3. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  4. 診療1カ月後のカルテ追記、紛争で不利になる? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  5. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. 臨床推論に使える乙女便秘とフレイル便秘 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  7. 厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所 詳説◎改訂高血圧治療ガイドライン(JSH2019)《前編》
  8. DNR患者の救急搬送を要請されたら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  9. 1日1回のアメナリーフはまだシェア10%止まり NMO処方サーベイ
  10. 胸痛だがECGは正常。上行大動脈の拡張が原因? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正