2006.06.02

黒豆由来のアントシアニンが脂肪蓄積を抑える 高脂肪食ラット1カ月の試験で、脂肪増加を抑制

 黒豆の皮に含まれる黒いポリフェノール、アントシアニンにお腹まわりの脂肪の蓄積を抑える効果があることがわかった。また、コレステロールの排出を促す作用も確認された。フジッコと静岡県立大学の共同研究で、このほど開催された第60回日本・栄養食糧学会大会で報告された。

 脂肪分が30%を占める高脂肪食を1カ月ラットに与えると、腹部の脂肪量は4割も増加する。ところが、この高脂肪食にアントシアニンを1日に体重1kg当たり5mg加えて飼育したラットでは、腹部脂肪量の増加は約1.5割に抑えられた。

 肝臓に蓄積される脂肪の量にも大きな差が出た。また血液中のコレステロール値が有意に下がり、中性脂肪値も減る傾向があった。

 黒豆のポリフェノール、アントシアニンはこれまで血液サラサラ効果などが実証されている。脂肪の蓄積を抑えたというこのデータから、今後はダイエット成分としても注目されそうだ。(八倉巻尚子、ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  2. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  3. 薬の名前に物申す こんな私も3年目 みちよのナース道
  4. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 重篤外傷患者の治療や家族への接し方で悩んだら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  6. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  7. どうする? 画像診断装置や医師の偏在 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  8. 切っても切れない肥満と肺血栓塞栓症の関係 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  9. 心房細動患者のPCI後抗血栓療法、最良の選択は 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE
  10. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
医師と医学研究者におすすめの英文校正