日経メディカルのロゴ画像

2006.06.02

黒豆由来のアントシアニンが脂肪蓄積を抑える 高脂肪食ラット1カ月の試験で、脂肪増加を抑制

 黒豆の皮に含まれる黒いポリフェノール、アントシアニンにお腹まわりの脂肪の蓄積を抑える効果があることがわかった。また、コレステロールの排出を促す作用も確認された。フジッコと静岡県立大学の共同研究で、このほど開催された第60回日本・栄養食糧学会大会で報告された。

 脂肪分が30%を占める高脂肪食を1カ月ラットに与えると、腹部の脂肪量は4割も増加する。ところが、この高脂肪食にアントシアニンを1日に体重1kg当たり5mg加えて飼育したラットでは、腹部脂肪量の増加は約1.5割に抑えられた。

 肝臓に蓄積される脂肪の量にも大きな差が出た。また血液中のコレステロール値が有意に下がり、中性脂肪値も減る傾向があった。

 黒豆のポリフェノール、アントシアニンはこれまで血液サラサラ効果などが実証されている。脂肪の蓄積を抑えたというこのデータから、今後はダイエット成分としても注目されそうだ。(八倉巻尚子、ライター)