2006.06.02

100%有機JASのマカサプリメントと「国産CoQ10」 日本ホールフーズが6月1日発売

 日本ホールフーズ(東京都・千代田区)は6月1日、日本の有機JAS認証を得たマカのサプリメント「100%有機JASマカ タブレット」を発売した。1粒300mgで300粒入り(90g)、3500円。

 マカは、ペルー原産のカブに似た植物。古くは滋養強壮の民間薬として利用されてきた。アミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富で、グリコシノレートやサポニンといった機能性成分も含む。ホルモンバランスの変調を原因とする生理不順や更年期障害の症状、不眠や冷えを改善する効果が期待されている。

 この商品は、タブレット状に固めるために必要な賦形剤や、光沢剤などの添加物を入れず、100%有機JASのマカだけを使用していることが特徴。また、有機食品加工認定と、製造管理基準ISO9001の認証を得た工場で製造するなど、素材選びと加工工程にこだわったという。

 また同社は同日、コエンザイムQ10を1カプセルに50mg配合した「国産CoQ10」も発売した。コエンザイムQ10は、100%カネカ製。国内外のサプリメントの中で唯一、「カネカ・コエンザイムQ10」のロゴマークの使用を許されているという。同社は従来から、米ヤーバプリマ社で製造したコエンザイムQ10を輸入・販売していたが、国産化を図ることで価格を下げたという。30カプセル入りで2200円。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  2. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  3. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  4. 診療1カ月後のカルテ追記、紛争で不利になる? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  5. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  6. 臨床推論に使える乙女便秘とフレイル便秘 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  7. 厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所 詳説◎改訂高血圧治療ガイドライン(JSH2019)《前編》
  8. DNR患者の救急搬送を要請されたら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  9. 1日1回のアメナリーフはまだシェア10%止まり NMO処方サーベイ
  10. 胸痛だがECGは正常。上行大動脈の拡張が原因? AntaaQAピックアップ
医師と医学研究者におすすめの英文校正