日経メディカルのロゴ画像

2006.05.12

紀文フードケミファ、ヒアルロン酸入り飲料を発売 医療・化粧品用原体製造の大手が食品にも進出

 紀文フードケミファは、ヒアルロン酸を配合した飲料(200mL、100円税抜き)を4月24日に発売した。
 
 商品は「豆乳飲料 ピーチ&食物繊維」「豆乳飲料 チャイ&ジンジャー」「豆乳飲料 大豆ペプチド」「黒酢&カシス」の4種類。すべてヒアルロン酸を30mg含むほか、食物繊維や大豆イソフラボン、アントシアニンなどの成分をそれぞれに配合した。
 
 ヒアルロン酸は体内にも存在する保湿成分。肌に潤いや弾力を与える働きがある。飲料に使用されているヒアルロン酸は、同社が微生物を培養して製造した低分子型ヒアルロン酸。分子量が小さいほうが、腸での消化吸収が良いとされている。

 同社はヒアルロン酸の原体メーカーとして医薬品や健康食品用に販売しているが、食品として自社販売したのは今回が初めて。背景には、消費者の美容への関心の高まりがあるという。

 同社の2005年のヒアルロン酸販売量は約120tと、前年比1.3倍以上の伸び。豆乳飲料の市場も近年拡大しており、「豆乳を健康のためだけでなく美容目的で飲む」とアンケートで答える人が増えたという(同社)。(清水由貴子、日経ヘルス)