2006.04.21

サントリーと共立製薬、ペット用のサプリを発売 (訂正あり)

 サントリーと共立製薬(本社:東京都千代田区)は、ペット用のサプリメント「Pet Health セサミンE」(ソフトカプセル60粒入り、5040円)を共同開発、4月24日から共立製薬を通じて動物病院で販売を始める。

 同商品は、1粒にセサミンを1.7mg、ビタミンE(αトコフェロール)を9.5mg含み、摂取目安量は小型犬や猫なら1日1粒、大型犬なら1日2粒。

 セサミンは、ゴマに含まれる抗酸化成分、ゴマリグナンの一種だ。ゴマリグナンは肝臓の働きを高めたり、コレステロール値を下げる作用などがある。

 共立製薬によると、同商品はペットのアンチエージングを目的としたサプリメント。「元気がなくなってきた、ストレスをためていそう、毛づやが悪くなった、あまり散歩に行きたがらない、動きが鈍くなってきた」などのペットにお薦めだという。

 ペット用の抗酸化サプリメントが登場している背景には、ペットの高齢化がある。特に、近年はペット人気の高まりから、人間でいうと40歳代にあたる6〜7歳の犬猫ペットが増えてきているという。

 “ペットのアンチエージングにサプリメント”は静かなブームになりそうだ。(清水由貴子、日経ヘルス)


訂正 本文4段落目で「共同製薬によると」とありましたが、正しくは「共立製薬によると」でした。訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  3. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  4. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 先進病院が教える治療・改善に「効く指標」 日経ヘルスケアon the web
  6. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
  7. ピロリ菌の除菌に上限年齢はあるか 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  8. 不明熱でPSL20mg開始後、急に両脚が脱力! AntaaQAピックアップ
  9. 僕なりの弔い方と線香の香り 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
医師と医学研究者におすすめの英文校正