2006.04.07

カルボキシル基を有するARBはInverse Agonistとしての作用を発揮する

 AT1受容体はアンジオテンシンII(AII)だけでなく、機械的伸展刺激を介しても活性化され、心肥大において重要な役割を担っていることが明らかになってきた。このようなAT1受容体の活性化は、バルサルタン、カンデサルタン、オルメサルタンといったinverse agonistによって抑制することができる。しかしながら、ARBのinverse agonist作用に関しては不明な点が多い。このたび、千葉大学循環器病態医科学のYasuda Noritaka氏らは、ARBがinverse agonistとして作用するためには、カルボキシル基の存在が重要であることを報告した。

 Yasuda氏らはこれまで、各種ARBのinverse agonist作用を検討してきたが、ARBのなかでも、カルボキシル基を有さないロサルタンではinverse agonist活性が弱いことから、カンデサルタン(CV)のカルボキシル基を取り除いた誘導体CV11974-7H(CV-7H)を作成し、inverse agonist活性を比較検討した。

 AT1受容体を過剰発現しているHEK293細胞は機械的伸展刺激、AIIの何れでもERKsを活性化する。これに対し、CVは両者によるERKsの活性化を抑制したが、CV-7Hは高用量の投与によってAIIによるERKsの活性化は抑制したものの、機械的伸展刺激による活性化は抑制できなかった。つまり、カルボキシル基がinverse agonist作用を獲得するための重要な要素であると考えられる。

 しかし、このようなカンデサルタンのinverse agonist作用は、AT1受容体の257のグルタミンおよび287のスレオニンの変異によってカンデサルタンとの結合能が低下し、inverse agonist作用が減弱することが確認された。

 以上の結果から、Yasuda氏は、ARBのinverse agonist活性にはカルボキシル基の存在が重要であるとともに、AT1受容体の257グルタミンと287スレオニンがカルボキシル基との結合に関与していると推察するとともに、バルサルタンやオルメサルタンにおいても同様の結果が得られる可能性を指摘した。(中野哲史、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  3. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  4. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 先進病院が教える治療・改善に「効く指標」 日経ヘルスケアon the web
  6. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
  7. ピロリ菌の除菌に上限年齢はあるか 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  8. 不明熱でPSL20mg開始後、急に両脚が脱力! AntaaQAピックアップ
  9. 僕なりの弔い方と線香の香り 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
医師と医学研究者におすすめの英文校正