2006.04.01

開催1週間で最も読まれたニュースは、「動脈の硬さの指標である大動脈脈波速度が心血管死の予測因子となる可能性」でした

日本循環器学会開催から1週間の3月末までに最も読まれたニュースは、広島市医師会臨床検査センター内科の井上典子氏らの発表を取り上げた「動脈の硬さの指標である大動脈脈波速度が心血管死の予測因子となる可能性」でした。この記事を含め、特にご好評をいただいたベスト10記事は次のとおりです。どうぞご活用ください。

第1位 動脈の硬さの指標である大動脈脈波速度が心血管死の予測因子となる可能性
第2位 高血圧や心不全による脳神経細胞の損失が認知障害を招く
第3位 再生医療を究極の医療にしたい――会長講演
第4位 禁煙は健康で活動的な超高齢者になるためにも重要
第5位 日本の女性にとって、喫煙は急性心筋梗塞を招く最も重要な危険因子
第6位 心筋梗塞後の禁煙が心筋梗塞の再発予防につながる、大規模調査で判明
第7位 シロリムス溶出ステントではCTOでも非CTO並みの長期開通率を維持できる
第8位 第70回記念学術集会が名古屋で開幕−−日本循環器学会
第9位 肥大型心筋症患者におけるバルサルタンによる心筋微小循環改善効果を、心内膜下拡張機能によって推測
第10位 LTA遺伝子変異による心筋梗塞の再発リスクがスタチンで低減、阪大の研究


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
  8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
  9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正