2006.04.01

玄米や全粒粉は心臓を守り、糖尿病や肥満にもなりにくくする

 玄米や、全粒粉のパンにパスタ。これらを主食にしていれば、心臓病にも糖尿病にもなりにくいことが、米国の研究で確認され、このほど「米臨床栄養学雑誌(Am. J. Clin. Nutr.)」に報告された。

 研究グループは、全粒穀物の摂取量によって938人の対象者を5段階に分類。一番たくさん全粒穀物を食べていたグループ(1日当たり平均約44g)では、心臓病の危険因子とされる血中ホモシステイン値が、ほとんど食べていない人に比べて17%も低かった。

 さらに、糖尿病の発症とかかわりの深いインスリン値やCペプチドの値も14%低くなっていた。さらに、肥満を助長するホルモン、レプチンの濃度も11%も低くなった。
 
 44gの全粒穀物は、例えば玄米なら、軽めのご飯1膳でとれる量だ。
 食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な未精製の穀物を食卓にもっと取り入れた方がよさそうだ。(八倉巻尚子、医学ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:36
  2. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 入試不正の存在を以前から知っていましたか? 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《4》卒業生アンケート FBシェア数:13
  4. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:47
  5. チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:36
  6. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:66
  7. 政府が中村祐輔氏に委ねたAIホスピタル計画とは リポート◎テクノロジーは医師の働き方を変えるか FBシェア数:15
  8. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:269
  9. 「再入学の自分が外科を志すのは遅すぎる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:17
  10. ドリップ・シップ・リトリーブで脳梗塞を救え リポート◎適応時間内に血栓回収療法を行う2つのストラテジー FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正