2006.03.30

エジプトで新たなH5N1感染死、感染者は計5人に

 世界保健機関(WHO)が3月29日、エジプト保健省の発表として伝えたところによると、同国で2人目となるトリインフルエンザ(H5N1)感染による死亡者が確認された。死亡したのは、カイロ近郊のQaliubiya州在住の30歳の女性で、自宅で鶏を屠殺する作業後、3月12日に発症、16日に入院したが同月27日に死亡した。同国で最初の感染者で同じQaliubiya州在住の別の30歳女性も3月17日に死亡していたという。H5N1感染はカイロの米海軍第3医学研究施設(NAMRU-3:US Naval Medical Research Unit-3)による検査で確定した。

 併せて、同国で新たに3人のH5N1確定例が明らかにされた。32歳の農場労働者の男性(居住地は未発表)は3月16日に発症、即日入院したが回復した。ナイルデルタ地域のGharbiya州在住の17歳の少年は3月18日に発症、その後入院したが回復した。3人目のKafr El-Sheikh州在住の18歳の少女は、発症後、3月25日に入院した。いずれも家禽との直接、または間接的な接触が確認されている。

 エジプトでは2月17日以来、家禽の間で大規模なH5N1流行が発生しており、現在までに26州のうち19州に広がっている。既に2500万羽以上が死亡、または処分された。同国では家屋の屋上で家禽が飼われており、人との密接な接触があるという。

 WHOの感染症速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正