日経メディカルのロゴ画像

2006.03.30

エジプトで新たなH5N1感染死、感染者は計5人に

 世界保健機関(WHO)が3月29日、エジプト保健省の発表として伝えたところによると、同国で2人目となるトリインフルエンザ(H5N1)感染による死亡者が確認された。死亡したのは、カイロ近郊のQaliubiya州在住の30歳の女性で、自宅で鶏を屠殺する作業後、3月12日に発症、16日に入院したが同月27日に死亡した。同国で最初の感染者で同じQaliubiya州在住の別の30歳女性も3月17日に死亡していたという。H5N1感染はカイロの米海軍第3医学研究施設(NAMRU-3:US Naval Medical Research Unit-3)による検査で確定した。

 併せて、同国で新たに3人のH5N1確定例が明らかにされた。32歳の農場労働者の男性(居住地は未発表)は3月16日に発症、即日入院したが回復した。ナイルデルタ地域のGharbiya州在住の17歳の少年は3月18日に発症、その後入院したが回復した。3人目のKafr El-Sheikh州在住の18歳の少女は、発症後、3月25日に入院した。いずれも家禽との直接、または間接的な接触が確認されている。

 エジプトでは2月17日以来、家禽の間で大規模なH5N1流行が発生しており、現在までに26州のうち19州に広がっている。既に2500万羽以上が死亡、または処分された。同国では家屋の屋上で家禽が飼われており、人との密接な接触があるという。

 WHOの感染症速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)